« Vaio Type P のリジューム | トップページ | grub のデフォルトOSを変える »

12.10 の Bluetooth まわり

Sony Vaio Type P に Ubuntu 12.10 をインストールしましたが、Bluetooth で問題があります。一つ解決。

サスペンドしても、Bluetooth/Network アダプタの電源が落ちないのです。システム設定で Bluetooth を切っておけば、電源は落ちます。なお、よく報告されている「レジュームすると Bluetooth が使えなくなる」という問題は、私のところでは発生しませんでした。

で、Bluetooth アダプタをサスペンドさせるのは、以下の方法でできました。

/etc/pm/sleep.d/10_bluetooth というファイルを作り、0755 にする。

中身は、

#!/bin/bash

. /usr/lib/pm-utils/functions
case "$1" in
    hibernate|suspend)
    rfkill block bluetooth
    ;;
    thaw|resume)
    rfkill unblock bluetooth
    ;;
    *)
    ;;
esac
exit

これは  Bluetooth doesn't work after resume from sleep/standby に書いてあった方法です。9.04 向けのスクリプトですが、ちゃんと動きました。

私のところで残っている問題は、Microsoft Wedge Touch Mouse がうまく使えないこと。ペアリング設定して使えるところまでは行くのですが、一旦スリープしたり電源を落としたりすると、ペアリング情報が失われてしまうようです。システム設定を見ていると、接続のスイッチが勝手にオンになったりオフになったり。

別の Bluetooth マウスは問題なく使えているので、「相性」みたいなものがあるのでしょうかねえ。

それから、Bluetooth ではありませんが、無線の Microsoft Arc Touch Mouse は何の設定もなしに使えました。USB のドングルを挿すやつなのですが、システムから見たら、ごく普通の USB マウスに見えるのでしょうか。

|

« Vaio Type P のリジューム | トップページ | grub のデフォルトOSを変える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12.10 の Bluetooth まわり:

« Vaio Type P のリジューム | トップページ | grub のデフォルトOSを変える »