« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

Zenbook をスリープさせる

Ubuntu 11.10 を入れただけの UX31E は、スリープができません。ディスプレイは消灯しますが、右脇の通電ライトは点灯したまま。ふたを開けると、ディスプレイに電気が入るだけで、何も出ません。

解決法は Ubunutu and the asus zenbook (UX31) の 2011年11月6日の GozillaMonster さんのポストにありました。

/etc/pm/sleep.d/20_zenbook_ux31

#!/bin/sh

EHCI_BUSES="0000:00:1d.0"
XHCI_BUSES="0000:03:00.0"

case "${1}" in
    hibernate|suspend)
        # Switch USB buses off
        for bus in $EHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/ehci_hcd/unbind
        done
        for bus in $XHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/xhci_hcd/unbind
        done
        ;;
    resume|thaw)
        # Switch USB buses back on
        for bus in $EHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/ehci_hcd/bind
        done
        for bus in $XHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/xhci_hcd/bind
        done
        # Disable touch-to-tap on Zenbook touchpad
        echo -n 0x90 0x80 > /sys/devices/platform/i8042/serio4/setreg
        echo -n c > /sys/devices/platform/i8042/serio4/flags
        ;;
esac

/etc/pm/config.d/unload_module

SUSPEND_MODULES="xhci_hcd"

を作り、0755 にしたら、スリープできるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ設定中:mozc

日本語入力の mozc を導入するのは簡単になりましたねえ。公開されたころは、いろいろとコンパイルする必要があったような記憶がありますが。

ソフトウェアセンターからibus-mozc をインストールし、バーの中のキーボードのアイコンで ibus を再起動し、あとは日本語を選んで追加するだけ。

Mozc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS Zenbook に Ubuntu

ASUS のウルトラブック UX31E、いわゆる Zenbook を入手しました。 Ubuntu の Live CD でパーティションを切ってインストール。32ビット版が入ってしまいました。まあ、いいか。

よくないのは、 Bluetooth がちゃんと動かないことです。メニューバーにアイコンは出るのですが、マウスなどとペアリングしようと思っても、できません。 Atheros のアダプタがちゃんと認識されていないようです。

いろいろと探して、 Ubuntu Forums: Bluetooth doesn't pick up devices の2012年1月6日の Fryie さんの手順どおりにやって、成功しました。

書き換える部分は3か所だけなのですが、その後がけっこう大変で、カーネルを再コンパイルしなくてはなりません。もう少し簡単な方法がありそうな気もします。

Ubuntu Forums の記事は Community Documentation の Zenbook のページから知りました。ちなみに、このページによると、カーネルはもうすぐマルチタッチに対応するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »