« Chromium の Flash プラグインの更新 | トップページ | Ubuntu 11.04 で Bluetooth、その後 »

ThinkPad に Ubuntu 11.04 を入れてみた

28日に仕事をしていたら、突然、Ubuntu 11.04 が公開されたことを告げるポップアップが表示されました。これは今回初めて? これまではいつもアップデート・マネージャで知ったような気がします。さっそくアップデートしました。

今のところの問題点は:

  1. スリープから復帰後に Bluetooth マウスが使えなくなる。…というか、Bluetooth アダプタがオフになり、青く光らなくなります。システムメニューでオンにしようとしても、反応しません。コマンドラインで

    sudo killall bluetoothd
    sudo bluetoothd --udev

    とやると、アダプタ自体は復帰しますが、マウスとのペアリングが出来ていない状態になるみたいです。
    Bluetooth で問題があるということは既にバグとして認知されているみたいなので、そのうち直るのでしょう。
  2. ThinkPad X31 では、Unity インターフェースが使えない。Ubuntu Classical GNOME を使うことになります。そうすると 10.10 とほとんど見た目が変わりません。これって、また、xorg.conf をいじるといいのでしょうかねえ。歳をとるごとに、そういうことが面倒くさくなっていく…
  3. フォントが微妙に変更になったのか、Firefox などでゴシックの中に一部、明朝体の字が出てきたりします。全角英数字の部分かな? あと、mozc を使っているのですが、ゴシック体でテキストを書いていても、変換途中のローマ字部分が明朝体で出てきて、ちょっと違和感があります。どれも、フォント設定を変えれば解決できそうです。
  4. なぜか Twitter クライアントの Hotot がつながらなくなりました。他のインターネット系のものは何も問題ないので、Hotot が使っている Python のライブラリになにか変更があったのかなあ、などと思います。

といったところです。

ところで、11.04 は Natty Narwhal なんですね。 Naughty だと思っていました。

|

« Chromium の Flash プラグインの更新 | トップページ | Ubuntu 11.04 で Bluetooth、その後 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad に Ubuntu 11.04 を入れてみた:

« Chromium の Flash プラグインの更新 | トップページ | Ubuntu 11.04 で Bluetooth、その後 »