grub のデフォルトOSを変える

起動時に Ubuntu ではなく Windows をデフォルトにするやりかた、いろいろと書かれています。
とりあえず、やってみたのは、

sudo gedit /etc/default/grub

で、

GRUB_DEFAULT=0

の行の数字を変えること。で、

sudo update-grub

する。
今のところ、うまく行っていますが、今後、カーネルのアップデートとかがあると、grub に行が増えたりして、不具合が出るのかもしれません。あるいは、13.04 になる時、0 が書き戻されてしまうとか。しばらく様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12.10 の Bluetooth まわり

Sony Vaio Type P に Ubuntu 12.10 をインストールしましたが、Bluetooth で問題があります。一つ解決。

サスペンドしても、Bluetooth/Network アダプタの電源が落ちないのです。システム設定で Bluetooth を切っておけば、電源は落ちます。なお、よく報告されている「レジュームすると Bluetooth が使えなくなる」という問題は、私のところでは発生しませんでした。

で、Bluetooth アダプタをサスペンドさせるのは、以下の方法でできました。

/etc/pm/sleep.d/10_bluetooth というファイルを作り、0755 にする。

中身は、

#!/bin/bash

. /usr/lib/pm-utils/functions
case "$1" in
    hibernate|suspend)
    rfkill block bluetooth
    ;;
    thaw|resume)
    rfkill unblock bluetooth
    ;;
    *)
    ;;
esac
exit

これは  Bluetooth doesn't work after resume from sleep/standby に書いてあった方法です。9.04 向けのスクリプトですが、ちゃんと動きました。

私のところで残っている問題は、Microsoft Wedge Touch Mouse がうまく使えないこと。ペアリング設定して使えるところまでは行くのですが、一旦スリープしたり電源を落としたりすると、ペアリング情報が失われてしまうようです。システム設定を見ていると、接続のスイッチが勝手にオンになったりオフになったり。

別の Bluetooth マウスは問題なく使えているので、「相性」みたいなものがあるのでしょうかねえ。

それから、Bluetooth ではありませんが、無線の Microsoft Arc Touch Mouse は何の設定もなしに使えました。USB のドングルを挿すやつなのですが、システムから見たら、ごく普通の USB マウスに見えるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vaio Type P のリジューム

Zenbook の 12.10 へのアップグレードがあっさり終わってしまったので、何も書くことのなかった8か月(かな?)でした。

今日、思い立って、2年前まで使っていた Vaio Type P (VGN-P70H) に 12.10 を入れてみたら、書くことが!

サスペンドからの復帰ができないのです。

でも、これも先達の的確な記録で、すぐ解決。

Ubuntu GNOME Remix 12.10 関係」の指摘に従い、 /etc/pm/config.d/gma500 に

ADD_PARAMETERS='-quirk-vbemode-restore'

と書くと、なおりました。

似たような指摘で、12.04 について、「/etc/pm/config.d/defaults に export PM_QUIRKS="--quirk-vbemode-restore" と書く」「export PM_QUIRKS="--quirk-vbe-post --quirk-vbemode-restore" と書く」というのは、私のところでは動きませんでした。

まだ他に思うように動かない部分もあるのですが、それはまた別項で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PageUp、PageDown キーがほしい

Asus Zenbook のキーボードにはPageUp、PageDownキーがありません(fnキーと上向き、下向きキーのコンビネーションを使います)。

私はスペースバーの右のメニューキーやコントロールキーは使わないので、それらにページ上下を割り当てることにしました。

やりかたは Ubuntu Edgy で Windows Key を Alt_L に変更 - Higepon’s blog - Mona OS and Mosh に教えていただきました。

端末で xev を起動し、キーを押すと、keycode と割り当てられた役割が分かるので、エディターで ~/.Xmodmap というファイルを作り、

keycode 135 = Next
keycode 105 = Prior

というようような表にして保存し、再起動すればできあがりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーネルのアップデートと削除

前評判では、Ubuntu カーネルの 3.1.1 では、ASUS Zenbook X31E での Bluetooth の問題が解決されているという話だったので、カーネルをアップデートしてみたのですが、解決はされていませんでした。

それはさておき、カーネルのアップデートのしかたをメモしておきます。

  1. http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/ で新しいカーネルを探す。
  2. linux-image- で始まる、自分の環境に適したファイル(私なら i386 で終わるもの)をダウンロードし、deb ファイルをダブルクリックして適用。インストールが終了したらソフトウェアセンターを終了。(名前に pae と入っているファイルは要らないのだと思います。間違っていたらごめんなさい。)
  3. ファイル名の最後が -all.deb のファイルをダウンロード、インストール、ソフトウェアセンターを終了。
  4. linux-headers- で始まる、自分の環境に適したファイルをダウンロード、インストール。
  5. 端末から、sudo update-grub

という手順です。

しかし、3.3.1 では Zenbook はよけい不安定になってしまいました(Bluetooth が直っていなかったほか、 WiFi の接続が不確実になってしまいました。これは痛い)。というわけで、次は削除の手順。とほほ。こちらによります。

  1. uname -r で自分が今使っているカーネルを確認
  2. dpkg --list | grep linux-image で削除するカーネルのバージョンを確認
  3. sudo apt-get purge linux-image-(バージョン)-generic で削除
  4. sudo update-grub でブート時のメニューを更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zenbook をスリープさせる

Ubuntu 11.10 を入れただけの UX31E は、スリープができません。ディスプレイは消灯しますが、右脇の通電ライトは点灯したまま。ふたを開けると、ディスプレイに電気が入るだけで、何も出ません。

解決法は Ubunutu and the asus zenbook (UX31) の 2011年11月6日の GozillaMonster さんのポストにありました。

/etc/pm/sleep.d/20_zenbook_ux31

#!/bin/sh

EHCI_BUSES="0000:00:1d.0"
XHCI_BUSES="0000:03:00.0"

case "${1}" in
    hibernate|suspend)
        # Switch USB buses off
        for bus in $EHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/ehci_hcd/unbind
        done
        for bus in $XHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/xhci_hcd/unbind
        done
        ;;
    resume|thaw)
        # Switch USB buses back on
        for bus in $EHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/ehci_hcd/bind
        done
        for bus in $XHCI_BUSES; do
            echo -n $bus | tee /sys/bus/pci/drivers/xhci_hcd/bind
        done
        # Disable touch-to-tap on Zenbook touchpad
        echo -n 0x90 0x80 > /sys/devices/platform/i8042/serio4/setreg
        echo -n c > /sys/devices/platform/i8042/serio4/flags
        ;;
esac

/etc/pm/config.d/unload_module

SUSPEND_MODULES="xhci_hcd"

を作り、0755 にしたら、スリープできるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ設定中:mozc

日本語入力の mozc を導入するのは簡単になりましたねえ。公開されたころは、いろいろとコンパイルする必要があったような記憶がありますが。

ソフトウェアセンターからibus-mozc をインストールし、バーの中のキーボードのアイコンで ibus を再起動し、あとは日本語を選んで追加するだけ。

Mozc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS Zenbook に Ubuntu

ASUS のウルトラブック UX31E、いわゆる Zenbook を入手しました。 Ubuntu の Live CD でパーティションを切ってインストール。32ビット版が入ってしまいました。まあ、いいか。

よくないのは、 Bluetooth がちゃんと動かないことです。メニューバーにアイコンは出るのですが、マウスなどとペアリングしようと思っても、できません。 Atheros のアダプタがちゃんと認識されていないようです。

いろいろと探して、 Ubuntu Forums: Bluetooth doesn't pick up devices の2012年1月6日の Fryie さんの手順どおりにやって、成功しました。

書き換える部分は3か所だけなのですが、その後がけっこう大変で、カーネルを再コンパイルしなくてはなりません。もう少し簡単な方法がありそうな気もします。

Ubuntu Forums の記事は Community Documentation の Zenbook のページから知りました。ちなみに、このページによると、カーネルはもうすぐマルチタッチに対応するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーを隠す

Ubuntu 11.10 Gnome Classic デスクトップを使うようになってから、画面上端と下端のバーが自動的に隠れなくなりました。

解決法は、ターミナルから dconf-editor を起動し、▼org ▼gnome ▼gnome-panel ▼layout ▼toplevels と降りて行き、 bottom-panel と top-panel の auto-hide に✔を入れる、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リムーバブルメディアのアイコンを表示する

Ubuntu 11.10 (unity ではなく gnome classic のデスクトップを使っています)になってから、USB メモリなどリムーバブルメディアのアイコンがデスクトップに出なくなりました。

gsettings set org.gnome.nautilus.desktop volumes-visible true

とやって、一回ログアウトすると、アイコンが出るようになります。

gsettings list-recursively | grep nautilus

で設定が確認できます。

[ubuntu] Clean install of 11.10, removable media does not show on desktop. - Ubuntu Forums

で知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マウスが反応しなくなる