« 公園を閉ざさないで。心を閉ざさないで | トップページ | To Jihadis - 聖戦を戦う人たちに »

2014.12.30

米国で稼働42年の原発が閉鎖

Vermont Yankee Nuclear Plant Powers Down - アメリカ北東部のバーモント州で原子力発電所が恒久的に稼働を停止しました。

by James Ennisバーモント州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州の州境近くにあるバーモント・ヤンキー原発は1972年に送電を開始した沸騰水型原子炉です。東電福島第一原発とほぼ同じ設計だと聞いています。一時期はバーモント州で使われる電力の3分の1を供給していました。

日本で福島の核災害が起こっていた、まさにその時に、アメリカ政府の原子力委員会が認可を延長し、大きな論議を巻き起こしていました。今回の閉鎖にあたり、ヤンキー原発を運営している Entergy 社は、安全性ではなく、天然ガスの価格が下がったことなどを理由として挙げていますが、別の言いかたで言えば、原発は割に合わないということだろうと思います。

発電所で働いていた人たち数百人が雇用を失なうなど、経済的な影響を懸念する声もありますが、稼働の継続を求めていた一部の人たちも、内心ほっとしているところもあるのだろうと察します。

私は学生のころ、この原発から60キロぐらいのところ、原発が面するのと同じ川の下流に住んでいました。私にとっては故郷と言ってもいいくらいの地です。美しいニューイングランドに暮らす友人たちの脱原発を心から喜びます。

写真は James Ennis さんが CC-by-nc で公開しているもの。東電福島第一原発の破局的な事象から1年後に開かれたバーモント・ヤンキー原発閉鎖を求める集会で見られたプラカードです。

このブログで

2014年 12月 30日 午後 12:06 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/60890647

この記事へのトラックバック一覧です: 米国で稼働42年の原発が閉鎖:

コメント

コメントを書く