« 2014年6月 | トップページ | 2014年11月 »

2014.10.27

アラスカが先住民言語を公用語に

Alaska's indigenous languages now official along with English - アメリカのアラスカ州で、20の先住民言語が英語と並ぶ公用語となりました。

Alaska Native Dancer (Explored) by Doug Brownこの春に州議会で圧倒的多数で採択された州法案にこのたび Sean Parnell 知事が署名しました(州政府のサイトの報道発表)。公用語になったと言っても、州政府等は、それらの言語で公文書を作ったりする義務が発生するわけではありません。また、報道からは、先住民言語振興のために予算措置が執られたといった話も読み取れません。

つまり、公用語化は「象徴的」な行為に過ぎないわけですが、これが先住民の言語や文化の活性化につながり、より活気のある多様性社会が育まれていくことへの期待は大きいようです。「これはとても強い象徴なのだ」というコメントが紹介されています。

ちなみに、アラスカ州政府は上下両院の与党も州知事も共和党、つまり「右」です。右寄りの政治家であっても、この程度に少数弱者を尊重するのだ、というのが私の率直な感想です。別に腐すために言うのではありませんが、「アイヌ民族なんて、もういないんですよね」とか「沖縄先住民はぼろぼろのようなイメージ」などの与党政治家の発言がまかり通っている国との差には愕然とします。いったいどうして私たちの国では、こんなに極端に反動的な考えが主流になってしまったのでしょうか。

写真は Doug Brown さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。

このブログで

2014年 10月 27日 午前 09:42 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.25

モスクに火炎瓶

Molotov cocktail thrown at Islamic Center of NM - アメリカ南西部ニューメキシコ州アルバカーキ市で、モスクに火炎瓶が投げ込まれました。

by mnchilemomオタワでのイスラム国支持者による銃乱射事件の直後のことですから、アメリカに暮らすムスリムの人たちを狙った憎悪事件である蓋然性が高いでしょう。礼拝が行なわれたり託児所に子どもたちが集まっていたりする時間帯ではなかったことに安堵を覚えます。

オタワでの出来事とアルバカーキでの出来事を並べて「どっちもどっち」と言うのが私の狙いではないことは、私の文章を読んでくださるかたなら、既にお察しのことだと思います。しかし、こういった無差別とも言える「報復」が既に起こっているとは私は思っていなかったので、もしかすると、このような事件が全国ニュース枠で流れることなく、いろいろと起こっているのかもしれないと不安になり、あえてここに取り上げることにしたのも事実です。

アメリカ国内のムスリムの人たちは、極めて居心地の悪い思いをしていることでしょう。

1960年代以降、アメリカは自らの内なる「多様性」を育んできました。その精神が試される時期に来ているという気もします。

Albuquerque で開かれた多様性肯定の祭りの写真は mnchilemom さんが CC-by で公開しているもの。

このブログで

2014年 10月 25日 午後 12:06 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.04

歴史から学び、歴史を作る高校生たち

After weeks of student protests, Colorado school board gives a little ground on 'positive' history curriculum - アメリカのコロラド州で歴史教育をめぐる抗議行動が起こっています。

Students Have Their Sayここ数年、保守派が全国的に教育行政への介入を強めていて、コロラド州のジェファーソン郡では、教育委員会が高校のアメリカ史を教える際、市民の闘争などの比重を減らして愛国心や権力への忠誠心の涵養などを重視する方針を打ち立ててきたことに対し、高校生や教師たちが抗議に立ち上がりました。

2日に開かれた委員会で、生徒たちが言いぶんを述べる機会を設けさせるところまで行きましたが、委員会側は「聞く」約束はしていない、と記事は報じています。

私たちの国では、既にこういう行動が提起される機運が失われてしまったのかと危惧します。

私には、歴史を考える際、いにしえからこの社会は素晴らしかったのだと考えるより、数々の困難を闘いによって克服してきたのだと考えるほうが、はるかに誇らしいと思えます。昔もすごかったんだぜ、今も俺たちはすごいんだぜ、という進歩のない自惚れに酔っている人の幸せが理解できません。

抗議行動の写真は Amy Aletheia Cahill さんが CC-by-sa で公開しているもの。

このブログで

2014年 10月 4日 午前 12:25 | | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年11月 »