« 武装集団が上陸 | トップページ | 英独仏が大企業の課税強化へ »

2013.02.16

グデイム・イズィクの軍事法廷

Trial of Gdeim Izik group:- end of hearings, defense lawyers ask for medical expertise - 占領下の西サハラで行なわれた大規模な抵抗運動の裁判がモロッコで行なわれています。

PresosSaharauis-16 by arribalasqueluchan!西サハラの首都エル・アイウン(Al-Ayoun)近郊にある Gdeim Izik では、2010年の10月から11月にかけて、4万人ものサハラウィたちがキャンプを張り、占領によって奪われた政治的、経済的、社会的な権利のために声を挙げました(いわゆる「アラブの春」の序章と呼ばれることがあります)。その抗議行動が犯罪的であるとして、モロッコ政府は首謀者24人を軍事法廷にかけています。西サハラの占領において、軍事法廷にかけられる民間人は彼らがはじめてだそうです。

今月1日から始まった裁判は、12日に被告人尋問が終わり、13日から証人喚問が始まったようです。報道管制が敷かれているため、国外の報道機関や監視団は傍聴等を認められていないようで、詳しいことは分かりません。

グデイム・イズィクは、去年西サハラに行った時、ぜひ行きたかったのですが、運転手の人に断られて行けなかったところです。遠くより見守りたいと思います。

写真は arribalasqueluchan! さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。西サハラ沖にあるスペイン領カナリア諸島の Santa Cruz de Tenerife で行なわれた支援デモ。

このブログで

2013年 2月 16日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/56771578

この記事へのトラックバック一覧です: グデイム・イズィクの軍事法廷:

コメント

コメントを書く