« 死刑再開の懸念 | トップページ | 吸血鬼の更正 »

2013.02.11

ネルーダの検死が決定

Pablo Neruda foundation supports exhumation of Nobel Prize-winning poet's body for autopsy - パブロ・ネルーダの検死が行なわれることが決まりました。

Acerca de la chacina #chile #travel #neruda by Cintia Barenhoアジェンデ政権に対するピノチェト将軍によるクーデターから12日後に死んだチリの偉大な詩人ネルーダ。前立腺がんを患っていましたが、死亡証明書には死因は衰弱と記されています(よろしければ、1年前の記事もご覧ください)。軍部に毒を盛られたとの噂の真偽を確かめるため、墓から掘り出して検死に付すことを裁判所が決定しました。

遺族は、がんによる死であったと信じてきましたが、今回の決定には協力する旨、パブロ・ネルーダ財団が発表しました。

ピノチェトの逮捕から今年で15年でしょうか。本当にゆっくりとですが、踏みにじられた民主主義と自由の歴史が解き明かされていきます。

写真は Cintia Barenho さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。

このブログで

2013年 2月 11日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/56736515

この記事へのトラックバック一覧です: ネルーダの検死が決定:

コメント

コメントを書く