« 空港を作らないコンサート | トップページ | 自然の権利と国家の成長戦略 »

2013.01.09

アレッポの学校

Of books and bombs: schooling in Syria's rebel zone - シリアのアレッポにある学校の日常。

Children chanting Syrian freedom songs. Aleppo. by FreedomHouseAFP の記者が訪れた学校は、元々ある学校ではありません。学校は、反体制派が兵舎として使っているため、子どもたちは、出て行かなくてはなりませんでした。場所が取られたからと言うより、反体制派の拠点となったことで、政府軍の攻撃目標になってしまったから。

今は、オスマントルコ時代の宮殿で授業をやっています。広いからというのもありますが、壁が高くて厚く、安全だからです。

道路2本先が衝突の最前線になることもあります。

そんな中で、学校は学びの場だけでなく、子どもたちを安全に守る場であり、癒やしの場であり、日常生活を取り戻すための場であろうとしています。無給で若者たちが教師役を引き受けています。

戦いの時には、どちらかの側に付いて全力でそれを応援することを要求する力がとても強いのだろうと思いますが、こんなふうに静かに生を護っていけるように、私もなりたいです。

写真は FreedomHouse が CC-by で公開しているもの。

このブログで

2013年 1月 9日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレッポの学校:

コメント

コメントを書く