« ナポリの無関心 | トップページ | 入植の即時停止を求める国連報告書 »

2013.01.31

歴史を刻む

Tensions linger in US over 'comfort women' plaques - 慰安婦にされたかたがたの銘板をめぐる AP 電。

Bergen County Courthouse, Hackensack, New Jersey (4) by Ken Lundニュージャージー州 Palisades Park に置かれた銘板について、日本の領事館が暗に撤去を求めたりしたことは記憶に新しいですが、同じニュージャージー州の Hackensack という街にも、新たな銘板が置かれようとしています。「日本帝国政府の軍隊によって連れ去られた」という部分から、日本政府に配慮したのでしょうか、「政府」への言及を取って「日本の帝国軍によって連れ去られた」に書き換えることが決まったあたりで話が宙に浮いているようです。

同様な銘板は、既にロサンジェルスに置かれた他、サンフランシスコ、ジョージア、ニューヨーク、イリノイ、マサチューセッツで計画が進んでいるそうです。

自分の、あるいは、身内の過去の悪事をいつまでも責められるのも辛いとは思いますが、やはり、被害を受けたかたがたの心に寄り添うのが人としての道だと思います。

写真は  Ken Lundさんが CC-by-sa で公開しているもの。ハッケンサックにあるバーゲン郡裁判所です。ここにはホロコーストや奴隷制の犠牲者に捧げる銘板があり、そこに慰安婦にされたかたがたのものが加わるそうです。

このブログで

2013年 1月 31日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を刻む:

コメント

コメントを書く