« 最後の猫 | トップページ | 人民の国の超富裕層 »

2013.01.24

憎しみのビラ

Ga. authorities investigating KKK fliers - アメリカ、ジョージア州からのニュース。

Athens, Alabama KKK (Ku Klux Klan) Rally and Counter-Protests September 2007 by Gregory.Skibinskiアトランタ近郊の街で、白人至上主義団体 KKK への加入を促すビラが撒かれたそうで、警察が調査を開始しました。ビラは住宅地の家の外に置かれていて、30枚以上が回収されました。

私たちの国にも、歴史は浅いとは言うものの、似たような団体があって、憎悪を撒き散らしていますよね。何とかしたいものです。でも、警察には全然期待できないし…

写真は Gregory.Skibinski さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。アラバマ州で開かれた KKK への対抗集会だそうです。

このブログで

2013年 1月 24日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憎しみのビラ:

コメント

こんにちは。日曜にオスプレイ配備撤回の日比谷集会に行きました。オール沖縄で、新報も沖タイも号外を配っていましたし、地元のTV局や、NHK沖縄支局も来ていました。司会は自民の県議でしたし。怪しい男、佐藤優が県人会席に座っていたのが面白かったです。
 銀座デモに参加しましたが、この類いの人たちが道の両側に鈴なりでしたよ。ガントレットですね。日章旗・旭日旗の林に1本米国旗が混じっていました(笑)。知事を除く?全沖縄政治家のデモなので奴らへの警備はしっかりしていて殴りこみの危険は感じませんでした。でも、模造刀を持っておばさんたちに突っ込んだ奴もいたとか。
 ”中国の侵略に対抗するオスプレイの沖縄配備に反対するのは反日で売国奴で非国民”という「主張」のようで。米帝に占領され頤使され、日本が「慰安所」にされて米鬼に輪Oされ殺されてもまともに裁くこともできず、まさに「私たちは屈辱の中にいます」なんだけど。彼らは米帝に背中を踏んづけられているのに、両手に日の丸と星条旗を持って「支那に侵略されたらどうするんだ!」と叫んでいるのは滑稽・醜悪を通り越して哀れむしかありません。まあ、思うにロジックではなく、単に罵倒したいだけ、その「よい」ネタがこれということだけなんだろうと感じました。
 私は、先日のビデオで演奏していた大熊ワタル夫妻、寿のナーグシクヨシミツさんのいる「沖縄を返せ~」歌舞音曲隊で歩いておりました。当然むちゃくちゃ「民族主義」な部隊ですので、彼らが良いスパイスとなりまして、♪民~族の、い~か~りに燃える島~、♪わ~れらのものだ、沖縄は、お~きなわを返せ~、おきな~わへ返せ~と大合唱しました。
 侵略と植民地化、戦前戦中の公民化教育とその受容、捨て駒と足止め、戦後の天皇メッセージと「”祖国”復帰運動」、「復帰」後と、相当含むところがあるわけで、沖縄の方は非常にムッとしていましたね。
 今日、ネットで糸数景子さんのスピーチを見ていたのですが、そうした文脈で”私たちを非国民と呼ぶのか!”と憤っていらっしゃいました。
 ヤマトゥ主体のデモ隊でもムッとするのですから、先頭を歩いた沖縄の自民を含む市町村県議長・議員・首長らのはどれほど嫌な気持ちになったことでしょう。
 最近は、沖縄にもこの種の人たちが現れたり、本土から行ったり、あるいは受け入れる、利用する地元の人たちも出ているようです。このデモで、沖縄の政治家の彼らに対する気分が動くと良いのですが。

投稿: L | 2013/01/28 19:46:03

L さん、

コメントありがとうございます。オスプレイ抗議行動への参加、お疲れさまでした。なかなか盛況だったみたいですね。私の知り合いも何人か参加したみたいです。

KKK に似た団体はこんなところにも来ていたのですか。仲間が政権について、意気が上がっているのかもしれませんね。

投稿: うに | 2013/01/28 21:26:06

コメントを書く