« マリ・コ | トップページ | 血筋と公民権 »

2013.01.21

保育園と子どもの貧困

Ayrault annonce 10% de places en crèches pour les enfants pauvres - フランスの保育園に貧困層枠が設けられます。

by Birdyphage幼い子どもの5人に1人が貧困家庭で育っていると言われるフランス。保育園では今後、定員の最低1割の園児を貧困家庭の子どもに割り当てることになります。今日、エロー首相が正式に発表するそうです。

子どもを託児施設に預けることができれば、そのぶん就労も楽になり、貧困の解消への効果が期待できるというわけです。

貧困や格差の定義によるのだとは思いますが、私たちの国はフランスや OECD 平均よりも貧困率が高いとされています("Growing Unequal? Income Distribution and Poverty in OECD Countries" の国別資料を参照)。貧困対策の面から子育てへの支援がもっと考えられてもいいはずです。

写真は Birdyphage さんが CC-by-nc-nd で公開しているもの。フランスの保育園の親子。

このブログで

2013年 1月 21日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育園と子どもの貧困:

コメント

コメントを書く