« フィリピンとの結びつき | トップページ | 埋葬を拒否 »

2013.01.12

太陽の門の村

Palestinian activists set-up protest tents in E1 settlement area - パレスチナが西岸地区に新たな「入植地」を建設しました。

view of maale adumim settlement by helga tawil souri書きかたがよくないかもしれませんが、イスラエルではなくパレスチナが、です。エルサレムとマーレ・アドゥミムの間にある E1 と呼ばれる地域にテント村を作りました。名前は「太陽の門」(Bab al-Shams)村。

「国際社会が沈黙する中、イスラエルは何十年にもわたり、既成事実作りをしてきた。もう、そうばかりはさせない。この土地は私たちのものであり、その現実を見せつけるつもりだ」と、キャンプ作りを主導した「壁と入植地に反対する人民委員会」のメンバーが語っています。

数日で消されてしまう村なのかもしれませんが、その思いが遠くまで届いたことを、ここに記しておきます。

E1 地区の写真は helga tawil souri さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。遠方に見えるのはイスラエル側のマーレ・アドゥミム入植地です。

このブログで

2013年 1月 12日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の門の村:

コメント

コメントを書く