« ストライキ学生が機動隊と衝突 | トップページ | 民主主義は輸出できない »

2012.04.23

茶の国

Tea to be declared India's national drink - チャイがインドの国民的飲料の称号を与えられるそうです。

chai-wallah by Neetesh Gupta (neeteshg)これは国家計画委員会の副委員長が茶の産地として有名なアッサム地方を訪れた際、明らかにしたものです。チャイがインドで最も飲まれている飲み物である(他の記事では、83%の家庭で飲まれているとありました)ほか、19世紀にはじめて茶の栽培を行なったインド人で、セポイの反乱の指導者の一人であった Maniram Dewan さんという人を記念する意味合いがあるとのこと。来年の4月、彼の誕生日に国民飲料に命名される予定です。

記事は、茶以外の飲み物、特にココナッツ・ジュース、レモン水、ラッシーの愛好者から異論が出るかもしれないと記しています。

私たちの国を代表する飲み物は何でしょうかねえ。ヤクルト、カルピス、ポカリスエットは特定企業のものだからなあ。夏にこの話題を出せば、麦茶に即決しそうですが、一年通してとなると、やっぱりお味噌汁でしょうか。

写真は Neetesh Gupta (neeteshg) さんが CC-by-sa で公開しているもの。早朝にチャイを淹れる茶職人(chai wallah)。

このブログで

2012年 4月 23日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/54536168

この記事へのトラックバック一覧です: 茶の国:

コメント

どこまで分けるかでも違うかも。
番茶も緑茶も日本茶にすれば、日本茶が国民飲料と思うけど。
アメリカはコーヒーでイギリスは紅茶ってことなんですかね。国民飲料。その国だけでは飲まれているもっとエスニックな飲料もありそうですが、実質はコーヒーのほうが普及しているかも。マクドナルドやスターバックスなどのグローバル化があればなおさら。

みそ汁は食事範疇で、飲料ではないと思えるけど。
アルコールも除外かな。ドイツの国民飲料はビールといって、イギリスは紅茶というのでは、なんかバランスが悪い。
それよりコーヒーや茶(紅茶、緑茶、その他中国にいろいろあるお茶)が普及する前は、世界の人は何を飲んでいたんでしょうね。水とお酒以外に遊牧民なら乳酸発酵飲料とかありそうだけど。

投稿: kuroneko | 2012/04/23 12:25:16

kuroneko さん、コメントありがとうございます。

いや、お茶はもう取られちゃったから、他のものを必死に考えたのです。って、早い者勝ちというわけではありませんね。

考えてみると、水道水をそのまま飲める国というのも、そんなに多くないのかもしれません。もちろん、水道の水よりナントカ還元水のほうがいいのかもしれないけど(ちょっとネタが古い)。

昔は、南米のマテ茶やコカ茶みたいに各地特産の煎じものを飲んでいたんじゃないかなあ。

投稿: うに | 2012/04/23 21:52:57

コメントを書く