« 民主主義は輸出できない | トップページ | 蚊の生態が変わる »

2012.04.25

いじめと奨学金

Foundation awards 15 scholarships in memory of bully victim Carl Joseph Walker-Hoover - いじめが原因で自殺した子どもの名前を冠した奨学金の話。

11-Year-Old Carl Joseph Walker-Hoover Hangs Himself after Enduring Daily Anti-Gay Bullying by VJnetアメリカのマサチューセッツ州スプリングフィールド。3年前、ここで、小学6年生の男の子がいじめを苦にして自殺しました。いじめをなくそうという運動の中から、彼の名を残す基金が生まれ、マラソン大会やパーティーなどの参加費を原資に、小さな奨学金ができました。

「いじめっ子になるより友だちになれ」(“Be A Buddy Not a Bully” )が合言葉。決してこの言葉は子どもたちだけに向けられたものではないような気がします。この諭しに耳を傾けるべき大人が何人か思い浮かびます。そんないじめ大人に虐げられる人々に、私はもっと心を寄せなければなりません。

今は亡きカール・ジョゼフくんの写真は VJnet さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。

このブログで

2012年 4月 25日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/54551885

この記事へのトラックバック一覧です: いじめと奨学金:

コメント

コメントを書く