« 評価報告書提出される | トップページ | 蝶のように自由になれ »

2012.03.01

大麻合法化が住民投票に

Initiative to legalize marijuana makes ballot in Colorado - アメリカのコロラド州で11月6日に行なわれる住民投票でマリファナの合法化が問われることになりました。

by Sarah RivkaAmendment 64 と呼ばれる大麻合法化の項目を投票用紙に載せるために必要な数を上回る書名が州政府に提出され、この項目が住民投票に付されることが確定しました。もし賛成が上回れば、嗜好目的のマリファナの使用が初めてアメリカで認められることになります(医療目的の使用を認めている州は数多くありますし、嗜好目的の使用も刑法犯罪から外された州は既にあります)。

合法化が問われるのは、21歳以上の成人が1オンス(約28グラム)の所持、6鉢までの栽培、認可された店での販売です。市町村単位で販売を禁止することは可能になります。

昨年12月に行なわれた世論調査では、コロラド州では合法化賛成が49%、反対が40%でした。誤差とかを考えれば、ほぼ互角というところだと思います。そして、たぶん反動的な巻き返しがすごいでしょう。

以前から、2014年ぐらいに合法化する州が出て、19年に全米で合法化かなあと思っているのですが、歴史はもっと早足でやってくるのでしょうか。

写真は Sarah Rivka さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。

このブログで

2012年 3月 1日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/54108313

この記事へのトラックバック一覧です: 大麻合法化が住民投票に:

コメント

コメントを書く