« さようなら、原発 | トップページ | 流浪の民 »

2011.09.21

認める国、認めない国

Which countries recognise Palestine already? - どの国がパレスチナを既に国家として承認しているかを示す地図です。画面左下の Next という文字をクリックすると、色分けして示されます。

Mov20Fev avec la Palestine 4 by :::mediActivista:::アジアとアフリカ、南米ではほとんどの国がパレスチナを承認しているのに対し、西欧と北米、オセアニアでは承認が遅れていることが分かります。承認国は世界の3分の2の国ぐらいです。アジアで未承認なのは、日本と韓国、台湾、タイ、ビルマ(ミャンマー)ぐらいでしょうか。

画面の下には、人口と経済規模による承認比率も示されます。人口で見ると、世界のほぼ4分の3がパレスチナを国家として認めています。それに対し、経済規模で見ると、パレスチナを認めているのは世界の約1割4分の1に過ぎません。

パレスチナ自治政府は今週の金曜日にも国連への加盟申請を行なうと言われていますが、安保理でアメリカが拒否権を行使して、申請は否決されると見られています。小さな民の生きかたを大国が決める。それは正義とは思えませんが、まさに国際政治というのはそういうものなのでしょう。私たちはそれにどのように抗っていくのか。

写真は :::mediActivista::: さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。パレスチナへの連帯を表明するモロッコの人たち。17日撮影。

このブログで

2011年 9月 21日 午前 12:01 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/52786836

この記事へのトラックバック一覧です: 認める国、認めない国:

コメント

コメントを書く