« 労働者の定義 | トップページ | 言語の起源 »

2011.04.14

風を、日を、地を

Renewable energy: Jerry Brown signs law requiring 33% of energy be renewable by 2020 - カリフォルニア州が2020年までにエネルギー源の3分の1を風力、太陽光、地熱などの再生可能なエネルギーから賄うようにするという法律を定めました。

I feel so hollow by henrikjこれまでも、2020年までに20%を再生可能なエネルギーとするという州法が施行されていましたが、今回、州上院で可決された法案 SB 2x がジェリー・ブラウン知事の署名を得て、目標がより高くなりました。これによって再生可能エネルギー関係の産業が拡大し、10万人の新たな雇用が創出されると目論まれています。連邦政府も、州法施行に合わせて、支援の第一弾として、太陽光発電の導入を考えているサンルイス・オビスポ市に対して12億ドル(約1千億円)の貸し付けを行なうことを発表しました。

「カリフォルニアが全米に先鞭を付ける。そして、アメリカが全世界に先鞭を付けることになるかもしれない」とブラウン知事は述べました。アメリカと日本はいろいろと条件が違うかもしれませんが、私たちもできるかぎりのことはしたいですね。こういう言い方をすると、いらぬ反発を買うかもしれませんが、「51番目の州」としても、ぜひ。

カリフォルニアの写真は henrikj さんが CC-by-nc で公開しているものです。

このブログで

2011年 4月 14日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風を、日を、地を:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。