« 平和なやり取り | トップページ | 南仏の結婚式 »

2011.02.07

脱北者の向かった先

North Korean couple gets refugee status in Israel - イスラエルのイェディオト・アハロノト紙の報道によると、イスラエル内務省はこのほど、北朝鮮からの政治亡命者2名の定住を認めたそうです。

lost passport by ygurvitz二人は50代の夫婦で、2年半ほど前に豆満江を渡って中国に入り、エジプトを経由してイスラエル国内に潜入したと見られています。現在はアルクッズ(エルサレム)在住。内務省は、送還すれば著しい迫害を受けることは明らかだとして、難民と認定しました。二人は今後、選挙権を含め、イスラエル市民に認められるすべての権利を享受することができると記事は伝えています。

イスラエル政府は、占領下のパレスチナの人たちへの非人道的な扱いはもちろんのこと、昨年問題となった不法滞在労働者の強制送還などにも見られるように、イスラエルは外国人に対して冷淡だというのが誤った認識であるとしており、今回の受け入れをその誤解を解くきっかけにしたいようだと記されています。

誤解かどうかはさておき、イスラエルの姿勢だけでなく、地理的にも歴史的にも民族的にも文化的にも近い日本の、脱北者への対応をも問うような話だと思いました。

イスラエルからの強制送還に反対するデモの写真は ygurvitz さんが CC-by-nc-sa で公開しているものです。

このブログで

2011年 2月 7日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/50793367

この記事へのトラックバック一覧です: 脱北者の向かった先:

コメント

コメントを書く