« 脱北者の向かった先 | トップページ | 生まれたばかりの党 »

2011.02.08

南仏の結婚式

Montpellier mayor marries two gay men 南仏のモンペリエ市でゲイのカップルが去る5日、結婚式を行なった。式を司ったのは Hélène Mandroux 市長(社会党)。社会党市議らが列席して二人を祝福した。

fra146 - 2003-09-30 um 20-55-11 by C_Baltruschフランスでは、最近、憲法評議会が同性婚の禁止を合憲としたため、二人の婚姻は市には登録されなかった。二人は、自分たちの結婚が公式なものになるまで待つとして、この日、キスも交わさなかった。「今日、私たちは幸せです。しかし、闘いは続きます。社会はもう(同性婚を受け入れる)準備ができていると思いますが、政治家は依然として臆病です」とこの日結婚したロバンさんは語った。マンドルー市長の属する社会党は今年、同性婚を合法化する法案を提出する見込みだ。

記事によれば、フランスでは、ジロンド州のベグル(Bègles)という町で2004年に町長によって同性婚が行なわれたが、無効とされた上に、町長は1か月間の謹慎処分になったという。

私たちの国に目を転じれば、今週末に『差別発言に「NO」と言える日本を!〜石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する』というデモが東京で行なわれる。セクシャル・マイノリティの権利確立のための大きな一歩になりますように。

モンペリエの美しい市街の写真は C_Baltrusch さんが CC-by-nd で公開しているもの。

このブログで

2011年 2月 8日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南仏の結婚式:

コメント

コメントを書く