« 改造蚊、野に放たれる | トップページ | 占領地はビジネスで救えるのだろうか »

2010.10.12

絵馬を掛けてきた

京都の伏見稲荷大社は五穀豊穣、商売繁昌の神と言われる「お稲荷さん」の総本家として、多くの人々に慕われています。連休最終日だった昨日も、十月と言うには暑すぎるような陽気の中、朝から多くの人がお参りに訪れていました。

私も絵馬を買い求め、願い事を書き記し、本殿の裏の柵に掛けました。

無印良品がイスラエル出店をやめますように

「無印良品がイスラエル出店をやめますように」−それが私の書いた願い事です。商売の神さまの耳もとまで届くといいのですが。

絵馬は八百円でした。お金の使い道として、よいものであるか、私には分かりません。困っている人のために寄付したりするほうがいいようにも思います。

神社で願い事をするのがよいことかも、私には自信が持てません。神道は過去のこの国の軍国主義と強く結びついていますから。特に、独善的な「神の国」がユダヤ人を迫害したナチスドイツとの同盟関係を結んでいたことを考えると、イスラエルに関わる願いをここで表明することに私はもっと慎重であるべきだったかもしれません。

商売の神に願うのが適切だったのかも疑問です。良品計画に適切で良心的な経営判断を求めるという意味ではお稲荷さんはよい場所だと思えますが、もし虐げられた民、不平等に苦しむ人々の神を祀る神社があるならば、私はそこに赴くべきだったでしょう。

書いた文章も、もっと練るべきだったかもしれません。「無印良品がイスラエル出店をやめて、また気持よく買い物ができるようになりますように」とか。

このように、後味は今ひとつなのですが、今日の記事は、自分がやったことを書きました。ふだん私は、いろいろなところで世界をよくするために闘っている人たちのことを敬意を込めて書いていますが、なかなか自分自身が何かをやったということを書くことができず、恥ずかしく思っています。いざ動こうと思っても、いろいろと考え込んでしまって… 迷ってばかりいたら何もできないと思い、今日は考えが変わる前に電車に乗ってしまいました。

追記:私がこの記事を書いた後、2010年12月1日に良品計画はイスラエルへの出店計画中止を発表しました。ボイコットを呼びかけた私たちの声を聞いてくれたのだと思います。イスラエルに行かないでくれてありがとう、無印良品。

このブログで

2010年 10月 12日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/49716383

この記事へのトラックバック一覧です: 絵馬を掛けてきた:

コメント

こんにちは。
商売の神様は昨今忙しいようで私の様な零細なものにはなかなか微笑んでいただけません。そのうちお賽銭もそこをつきそうな勢いです。
ところで、私はたこつぼの様な狭い世間で生きておりますので世界のことを知らせていただけるこのブログを楽しみにしております。
どうぞ、ご自愛いただいてこれからもご活躍ください。

では、また。

投稿: rhayader | 2010/10/12 8:34:25

rhayader さん、コメントありがとうございます。

そうか、商売の神様がサボっているから経済の状態が悪いのかと思っていたのですが、反対で、今はとてもいそがしいのですね。

私も小さな窓から背伸びして世界を見ようとするだけですが、読んでくださるかたがいて、本当にうれしいです。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: うに | 2010/10/13 0:27:29

 先日、日本と世界の貧困についての集会で、「学会を抜け出して参加しています。カンパしたり集会に出たりしているけど、もっとすべきことがあるのではないか」という質問に対し、湯浅誠さんは『十分じゃないですか』とおっしゃってました。
 うにさんも、顔を上げてください。
 >虐げられた民、不平等に苦しむ人々の神を祀る神社
 非天皇系、国家神道系の神社も無いことも無いかもしれません。まつろわぬ神を祀るところ。たとえば、神長官守矢史料館の裏手、山側にある「ミシャグチ神社(御頭御社宮司総社)なんていかが。明治までこの地には、大祝(おおほうり)という非天皇系の現人神がいたそうです。今でも、藤森照信さんのような現地の人たちは、誇りに思っているようです。
 また、『解放の神学』もあります。
 デモでも良くお見受けする日本山妙法寺もあります。
 国家神道の神が役に立たないことは、『虚構の皇国』を読む前に明らか。悪い効果もありませんよ。

投稿: L | 2010/10/13 19:34:52

Lさん、

優しいお言葉、ありがとうございました。ちょっと低調な時期を迎えているので、本当にありがたく感じました。

国家神道と距離を置く神社ですか。もしかすると、昔はどこの村の神社もそういうふうだったけど、明治以降、系列化、序列化、収斂していったのでしょうね。なぜか長野県には行ったことがないのですが、行く機会があったら、ぜひ訪ねてみたいと思います。

投稿: うに | 2010/10/13 23:09:24

コメントを書く