« 空飛ぶ提灯 | トップページ | 中流階級 »

2010.09.15

あの国の礼儀

Study finds link between considerate behavior and income - エルサレム・ポストの記事がイスラエルで行なわれた、相手を重んじる態度や礼儀正しさに関する調査の結果を紹介しています。礼儀正しい人ほど収入が多いという相関関係が見つかったそうです。礼儀正しさが10%上がると収入が5.8%上がるのだそうです。

Information breakdown by fabbio日常のどのような場面で無礼さに遭遇するかをイスラエル人とアメリカ人に聞いたところ、買い物や運転といった場面では数字が変わらなかったのに対し、役所での対応が失礼だと答えたイスラエル人はアメリカ人の1.5倍だったそうです。また、集団として最も礼儀正しいのは超正統派ユダヤ教徒(haredim)の人たちだったとのこと。

パレスチナに対する非人道的な扱いは、「礼儀正しさ」というのとはまた別の話でしょうか。

反戦集会で隣り合わせになったハレディムの男性とアラブ人の男性。写真は fabbio さんが CC-by-sa で公開しているものです。

このブログで

2010年 9月 15日 午後 11:11 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/49460753

この記事へのトラックバック一覧です: あの国の礼儀:

コメント

コメントを書く