« 結婚執行人の過ち | トップページ | 萌えない最低賃金 »

2010.08.22

大学の復興

Rajya Sabha approves Nalanda university Bill - インドのビハール州ナーランダに国際大学を設置する法案をインド上院(Rajya Sabha)が可決しました。1,600年ほど前に僧たちが仏教の教義を深める場として世界最古とも言われる大学がおかれていたナーランダに大学を再び創ろうという話は5年ほど前から出(たり消えたりし)ていましたが、これで大きく前進したのかもしれません。

Nalanda Buddhist University Ruins by Hyougushiナーランダ大学構想には日本政府も参加しており、初代学長にはあのアマルティア・センさんが就任することになっています。当初は、2009年か2010年ごろに開学という話だったと思うのですが、これでようやく認可が降りたという感じでしょうか。校舎などもこれから図面をひくのでしょうから、いつ一期生を受け入れることになるのか、まだまだ分かりません。

国会での審議では、アジアのルネッサンスを象徴するこの大学が仏教の研究をその使命とするのか、それとも "Buddham sharanam gachchami" (南無帰依仏 = 私は仏に帰依し奉る。仏法僧という三宝への信仰告白の一節。インド映画のスーパースター Amitabh Bachchan さん主演の映画の題名でもある)と唱えるだけでなく、21世紀にふさわしい学問を扱うべきなのかなどについて、議論が戦わされたそうです。

ナーランダ大学遺跡の写真は Hyougushi さんが CC-by-sa で公開しているものです。

このブログで

2010年 8月 22日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の復興:

コメント

コメントを書く