« 袋の農園 | トップページ | 学生運動で政府が政策を転換 »

2010.08.27

ネットで極右が跋扈

Neo-Nazis at an all time high on the Internet - ドイツでは、インターネット上でネオナチが攻勢を強めているというドイチェ・ヴェレの記事。 jugendschutz.net という青少年の保護を目的とした青少年省の外郭団体によってまとめられた報告書に基づいています。

silvio-meier-2008-29 by Björn Kietzmann報告書によると、ネオナチのネットワークサイトは一年間に3倍に、右翼のドイツ国家民主党(NPD = Nationaldemokratische Partei Deutschlands)のウェブサイトは8倍に増え、また Facebook や YouTube などにも国粋主義的な文章、画像などが載せられているのも見つかっています。内容はことごとく外国人排斥的、反ユダヤ的、人種差別的で、子どもの童謡の替え歌などもあるそうです。表立って暴力を扇動するものもありますが、一見しただけでは差別性が分かりにくいものもあるそうです。ネオナチによるブログなどの読者は1万人ほどと見られているとのこと。

差別的なサイトの閉鎖などを地道に働きかけることにより、5分の4程度のサイトは撤去されるそうです。また、右翼に染まった子どもの親が匿名で相談できるサイトが設けられていて、洗脳から青少年を奪還することに成功した例もあることを記事は紹介しています。

おそらく私たちの社会では問題はもっと深刻だと思います。政治とか社会をテーマとしたブログのランキングとかを見ると、国粋主義的なものばかりですよね(数少ない良心的なブロガーのみなさん、がんばってください)。外国籍の人たちを集団で罵倒しているようすのビデオなども数多く見られます。国や地方自治体は、セックスに関連することがらへの取り締まりには、やけに熱心なわりに、もっと人の心を蝕み歪める憎悪や侮蔑に関しては、全くの野放し状態だと言えると思います。これは何とかしなくてはなりません。

写真はネオナチへの対抗デモのものです。国粋主義者たちによって外国人が殺害された記念日に「哀悼から怒りへ」(Aus Trauer wird Wut)という横断幕を持って行進しています。 Björn Kietzmann さんが CC-by-nc-nd で公開しているものです。

このブログで

2010年 8月 27日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットで極右が跋扈:

コメント

>数少ない良心的なブロガーのみなさん、がんばってください

(爆)うにさんもそういうブロガーの一人だと思いますけど。(^^)/

投稿: 村野瀬玲奈 | 2010/08/27 1:06:22

村野瀬さん、こんにちは。

お言葉、ありがとうございます。仲間に加えていただき、誇らしく思います。

でも、私は政治ブロガーには、なれそうもありません。眼前の政治状況について語るための知識も明晰さも私には無いようです。

投稿: うに | 2010/08/28 0:58:41

 毎日新たな、オルタナティブな視点から、日本の状況を考え直させて下さるので、非常に優れたブログですよ。しかも、レトリックが巧くて、静かに何気無いように書いているのだけれど、実は鋭く深い批判が内包されていてぶすりと来ます。うにさまは、「天然で、皮肉じゃない」とおっしゃるわけですが。
 やはり、教養と人格が高くないとこういう素晴らしいコラムは書けないいなあといつも思っています。
 かっこいいです。あこがれちゃいます。

投稿: L | 2010/08/29 10:14:34

L さん、

ありがとうございます。でも、おだてないでください。このブログがあまり支持を得ていないことを、アクセス集計が見られる私はよく知っています。地道にやっていきますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: うに | 2010/08/29 22:33:33

「陽春白雪」に和する者は少ないのは、昔から相場の立ったことですので、アクセス数の多寡はブログの質とは関係ありませんよね。

わたしのところなんか大家さんがアメブロで、いろんな仕掛けをするせいか、アイドルの卵みたいな人のブログからの来訪もあるみたい。(ペタって機能があるんです)

ブログ「みんななかよく」の政治談議の読者って、せいぜい二桁じゃないかなあ。

うにさんのところは、毎度、知らないことが載っているので、かなりお得な感じがするのではないかしら。(ヨーロッパの差別問題など、あんまり知らないし)

投稿: kuroneko | 2010/08/30 20:10:21

kuroneko さん、ありがとうございます。

「陽春白雪の曲に和する者少なし」っていう表現、知りませんでした。勉強になりました。さすが漢詩を著す人は違う…

質に自信はありませんが、多くの人の目に留まりたいという気持ち(というか、欲)はあるんですよね。より多くの人の目に触れたら、同じような考え方をする人により多く会えるんじゃないかと。

ココログは、あまり仕掛けを作ってくれてはいないようです。有名人もいるんですけどね。蒼井そらさんとか団鬼六さんとか。こちらからトラックバックを送ればいいんでしょうけど、あまりテーマが合わないからなあ。

投稿: うに | 2010/08/30 21:43:05

コメントを書く