« 国際捕鯨委のようす | トップページ | ハイチ地震―写真とクレジットカード »

2010.01.15

モンゴルが死刑執行停止

Mongolia leader calls for end to death penalty - モンゴルの Tsakhia Elbegdorj 大統領が死刑執行のモラトリアムを宣言。国会に向けて死刑制度の撤廃を呼びかけているそうです。国会は野党が多数派を占める「ねじれ」状態になっており、野党議員の多くは死刑存続派であるため、死刑廃止の法整備は難しいことが予想されるとのこと。ただ、大統領には減刑の権限があるため、死刑執行自体は今後しばらく行なわれない見込み。

Lone Tree - Mongolia Landscape, by tiarescottエルベグドルジ大統領は、「死刑制度はモンゴルの品位を貶めている」と語っていると記事は伝えています。同じように死刑制度を存続させている国の市民として、私も彼と同じように苦々しさを感じます。

記事は、「広くアジアでは、死刑はいまだに法制度の重要な一部分をなしている」という言葉で結ばれています。死をもって罪を贖わせるというのはアジア的な価値観なのでしょうか(うーん、そんなことないよね。昔はどこの国にもあったのだと思う)。

モンゴル西部の広野に立つ一本の木。Tiarescott さんが CC-by で公開している写真です。話の内容に合う写真がなかなか見つけられなかったのですが、生命の象徴としての木ならこの記事にふさわしいと思って選びました。

このブログで

2010年 1月 15日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンゴルが死刑執行停止:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。