« 今日は政治ブログ | トップページ | ベトナムで人権活動家に有罪判決 »

2010.01.20

ガザの心はハイチに向かう

一年前、パレスチナのガザ地区はイスラエルによる大規模攻撃を受けました。武力攻撃がおおむね終息した後も、イスラエルによる厳重な封鎖が続いており、ガザでは食料や衣料品は全く足りていません。建築資材の搬入が認められていないので、建物や道路の復興も進んでいません。市民のほぼ半数が失業している状態です。

Kids, Gaza, by Marius Arnesen Gazans Collect Donations To Haiti - そんなガザでも、大地震に見舞われたハイチの人々への募金活動が始まっています。貧しく、打ちひしがれた境遇にはあるが、平和と生命を尊ぶ民として、人道支援の一端を担いたい。「別の種類の地震」を経験したばかりであるから、ハイチの被災者の気持ちがよく分かる。助けになりたい。記事にはそんな言葉が並んでいます。

優しすぎるよ、あなたたち。

瓦礫の中のガザの子どもたちの写真は Marius Arnesen さんが CC-by-sa で公開しているもの。イスラエルのガザ侵攻から3か月経った昨年4月の撮影。

このブログで

2010年 1月 20日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/47338079

この記事へのトラックバック一覧です: ガザの心はハイチに向かう:

コメント

コメントを書く