« ラファ検問所 | トップページ | バリボの五人 »

2009.07.21

イスラエル軍のロマンと現実

イスラエル兵たちが隔離壁沿いをジープで巡回している。壁の向こうから何かボンネットの上にが落ちてくる。銃を手に緊張する兵士たち。落ちてきたのがサッカーボールだと分かると、安堵し、壁の向こうに蹴り返す。車を発進させようとすると、またボールが落ちてくる。そして壁越しに、互いの姿も見えぬ同士でサッカーの試合が始まる。

という携帯電話の CM がイスラエルのテレビで流されている(YouTube ビデオ)。パレスチナの苦しみを矮小化するものだとして批判を受けている(ロイター電 "Israel phone firm's West Bank wall gag fails to amuse")。

ビリン村の抗議行動の人たちが、実際にフェンス越しにイスラエル兵のいるほうにサッカーボールを蹴り込んでみた。そうしたら、ボールは蹴り返されては来ず、催涙弾が飛んできた(イスラエルの Ynet ニュース "Activists respond to cellular phone campaign"。ビデオあり)。

このブログで

Tags: , ,

2009年 7月 21日 午後 09:46 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/45702185

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエル軍のロマンと現実:

コメント

コメントを書く