« チベットに行くべきだ | トップページ | 州知事が大麻合法化の討議を呼びかけ »

2009.05.06

同性婚に関する全米意識調査

CNN poll: Generations disagree on same-sex marriage - CNN が先月アメリカで行なった調査で、同性婚についての意見分布がその人の世代と、知り合いに同性愛者がいるかどうかを反映していることが明らかになった。

調査全体では、同性婚の合法化に賛成する意見は44%、反対が54%だった。しかし、18歳から34歳までの世代では、賛成が58%にのぼっている。賛成意見は、35歳から49歳の世代では42%、50歳から64歳では41%、65歳以上では24%と、年齢が上がるにつれて少なくなる。

家族や親しい友人に同性愛者がいると答えた人は全体の49%。1998年の調査では41%、1992年の調査では32%だった。自分の近くに同性愛者がいると答えた人の間では過半数が同性婚に賛成だが、同性愛者の知人がいないと答えた人の間では過半数が反対だったとも伝えられている。

日本ではどんな感じかなあ。ちなみに、私は、同性婚に賛成、35歳から49歳の世代、同性愛者が知り合いにいる。

このブログで

Tags: ,

2009年 5月 6日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/44909800

この記事へのトラックバック一覧です: 同性婚に関する全米意識調査:

コメント

コメントを書く