« アウシュビッツ解放の日に | トップページ | 新年をボイコット »

2009.01.28

太陽光発電所の大きさ

太陽光発電所:山梨県と東電が建設 国内最大級の出力に」(毎日)、「東電、山梨県に太陽光発電所 出力1万キロワット、11年度に稼動」(日経)。甲府市の米倉山こめくらやまにある県の土地に発電所を建設するとのことで、2010年度に着工して翌年には一部運転を始めるという計画です。報道資料はこちら

太陽光発電は、本来、大きいものを作らなくても分散的に設置できるのが長所だとは思いますが、非化石燃料、非核の発電所ができるのは喜ぶべきことでしょう。

大きいと言っても、用地は20ヘクタールだそうですから、東京ドーム4.3個ぶんです。新潟県中越沖地震で緊急停止したままの柏崎刈羽原子力発電所は東京ドーム89.8個ぶんです。発電量は、柏崎のフル稼働時の800分の1に過ぎません。まだまだですよね。

このブログで

Tags: ,

2009年 1月 28日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電所の大きさ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。