« ガザのパン屋さん続報 | トップページ | 豪で同性愛者の権利拡張 »

2008.11.25

戦争と子どもたち

War-affected children suffer psychological disorders - study - 国連 IRIN の記事。アラビア半島南端に位置するイエメンで内戦によって子どもたちがどのような心理的な負担を強いられているかの調査が行なわれた。

The younger generation in Yemen, by CharlesFred調査地点は過去4年間、シーア派による内乱が続いているイエメンの北西部サアダ州。9月から今月半ばにかけて、Seyaj という団体が7歳から15歳の子ども1,018人を対象に聴き取り調査を行なった。結果は次のとおり:

  • 45%の子どもが雷などの大きな音におびえている。
  • 22%の子どもがおねしょの問題を抱えている。平常時なら、15%を越えることはないだろう。約6%の子どもが起きている時におもらしをしてしまう問題を抱えている。
  • 約5%の子どもが軍服を着た大人を見たり銃声を聞いて気を失うことがある。
  • 15%の子どもが泣きたいけどがまんをすると言う。泣くことは恥ずかしいことだという文化らしい。
  • 約21%の子どもが内向的になったりひきこもったりしている。
  • 63%の子どもが悪夢を見る。
  • 約22%の子どもが家族の貧困や地域の経済状態が理由で学校を辞めようと考えている。

イエメンの子どもたちの写真は CharlesFred さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。この子たちは幸せそう。

このブログで

Tags: , ,

2008年 11月 25日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争と子どもたち:

» 第二の加藤の乱? トラックバック 大津留公彦のブログ2
2次補正予算は1月の通常国会に先送りにすると麻生首相は表明した。 麻生首相は25 続きを読む

受信: 2008/11/25 20:04:51

» 党首討論・航空自衛隊の撤収・「雇い止め」・内定取り消し・イラク戦争 トラックバック 大津留公彦のブログ2
党首討論・航空自衛隊の撤収・「雇い止め」・内定取り消し・イラク戦争 続きを読む

受信: 2008/11/28 23:50:33

» 9条世界会議とコスタリカ(みさと早稲田九条の会) トラックバック 大津留公彦のブログ2
みさと早稲田九条の会の第二回目の会議に参加しました。 内容は二本立て 一本目は9 続きを読む

受信: 2008/11/29 20:02:58

» 認知症の母親殺害事件 トラックバック 大津留公彦のブログ2
youtube映像(新版)温情判決≪介護のはなし≫(認知症の母親殺害事件)に心が動きましたので紹介します。 認知症の親を持つ私には人ごとでなく涙が出ました。 続きを読む

受信: 2008/11/29 23:34:51

» 軍隊のない国コスタリカ トラックバック 大津留公彦のブログ2
コスタリカは非武装・中立宣言をしている。 コスタリカはのアリアス元大統領はノーベル平和賞を貰っている。 コスタリカは現在も戦車一両、機関銃一丁ない 続きを読む

受信: 2008/11/30 19:55:16

コメント

この記事へのコメントは終了しました。