« バシールとワルツを | トップページ | ネパールで同性婚 »

2008.11.19

北京のアメリカ人、東京のアメリカ人

アメリカへの留学生数、アメリカからの留学生数などをまとめた年次報告書が発表された。Institute of International Education の Open Doors 2008。"Study abroad flourishes, with China a hot spot" という新聞記事で知った。

アメリカが受け入れている留学生は623,805人、アメリカから国外に留学している学生は241,791人。アメリカ人留学生の主な渡航先は以下のとおり:

順位国名人数前年比増減
1イギリス32,7052%
2イタリア27,8317%
3スペイン24,00510%
4フランス17,23310.5%
5中国11,06425%
6オーストラリア10,747-2%
7メキシコ9,461-6%
8ドイツ7,3557%
9アイルランド5,7855%
10コスタリカ5,383-2%
11日本5,01214%
12アルゼンチン3,61726%
13ギリシャ3,4176%
14南アフリカ3,21628%
15チェコ3,14510.5%
16チリ2,82410%
17エクアドル2,81330%
18オーストリア2,8101%
19ニュージーランド2,7187%
20インド2,62724%

アメリカ人留学生の受け入れアジア首位が日本から中国に移ったのは2001年の報告書(1999年から2000年にかけての学年)でのことのようだが、その後7年間で日本は中国に大きく水を空けられている。

このブログで

Tags: ,

2008年 11月 19日 午後 02:05 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京のアメリカ人、東京のアメリカ人:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。