« 著作権切れを待つヒトラー | トップページ | 静かな死は私たちに語りかける »

2008.04.29

和解を歌う

In Australia, From Reconciliation, a Hit Grows - ケビン・ラッド首相が2月に行なった先住民に対する謝罪が歌になった。市民運動団体のサイトでダウンロード販売されているだけで、街の店先では買うことができないのだが、先週は全豪4位のヒットになったらしい。

曲は20年以上前に人種差別反対を訴えて作られたもので、ラッド首相のスピーチやそれに対する先住民の発言などを歌詞に盛り込んでいる。市民運動団体 GetUp のサイトで短いビデオを視聴することができる。

残念ながら、オーストラリア国外からでは曲を購入することができない。

このブログで

Tags: , , ,

2008年 4月 29日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和解を歌う:

コメント

コメントを書く