« JPEPAは批准されるのか | トップページ | 再び国境を目指す »

2008.04.19

希望をくれた判決文

イ ラク派兵差し止め訴訟控訴審の判決文を読みました。一 審の裁判があまりにもひどかったので、私は司法に対して完全に信頼をなくしていたのですが、今回の判決は、絶望してはいけないのだということを教えてくれました。

主文は「本件控訴をいずれも棄却する」ですから、形式的には敗訴に違いなく、残念にも思います。しかし、「当裁判所の判断」の部分に掲げられたイラク戦争およびその後の占領についての事実関係の考察、憲法9条に照らしての判断、さらには平和的生存権の認定は、今後、平和に関する国際的な議論の中で繰り返し言及されていくであろう、一里塚的なものだと思います。広く読まれることを願います。

「多国籍軍と武力勢力との間のイラク国内における戦闘は、実質的には当初のイラク攻撃の延長であって、外国勢力である多国籍軍対イラク国内の武装勢力の国際的な戦闘であるということができ、この点から見ても、現在の戦闘状況は、国際的な紛争であると認められる」
「航空自衛隊の空輸活動のうち、少なくとも多国籍軍の武装兵員をバグダッドへ空輸するものについては、… 他国による武力行使と一体化した行動であって、自らも武力の行使を行ったと評価を受けざるを得ない行動であるということができる。よって、現在イラクにおいて行われている航空自衛隊の空輸活動は、政府と同じ憲法解釈に立ち、イラク特措法を合憲とした場合であっても、武力行使を禁止したイラク特措法2条2項、活動地域を非戦闘地域に限定した同条3項に違反し、かつ、憲法9条1項に違反する活動を含んでいることが認められる」
「例えば「自由」や「平等」ですら、その達成手段や方法は多岐多様というべきであることからすれば、ひとり平和的生存権のみ、平和概念の抽象性等のためにその法的権利性や具体的権利性の可能性が否定されなければならない理由はないというべきである」

原告団の主張にほぼ同意し、このように認定しながらも請求を棄却することを述べる部分に、象徴的に以下のような考えが示されています:

「本件派遣によっても、日本において控訴人池住らの生命、自由が侵害されまたは侵害の危機にさらされ、あるいは、現実的な戦争等による被害や恐怖にさらされ、また、憲法9条に違反する戦争の遂行等への加担・協力を強制されるまでの自体が生じているとはいえない」

原告の主張と異なり、日本に暮らす私たちは生の戦争に巻き込まれてはいないから訴えることはできないのだ、ということです。私たちの税金で派兵が行なわれていることを考えれば、この考えには承服しがたいところがあります。それでも、しかし、確実にこの判決は、この国が戦争への道を転げ落ちていくのを止めてくれたように思えます。

原告団、弁護団のみなさん、いい判決をおめでとう。私たちの言葉に誠実に耳を傾けてくれてありがとう、名古屋高裁。

こ のブログで

Tags: , , , , , ,

2008年 4月 19日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望をくれた判決文:

» 祝名古屋高裁判決.19日は「ミサイル防衛」問題で福岡で講演会 トラックバック ペガサス・ブログ版
昨日(4月17日)名古屋高裁で画期的な司法判断が出た.イラクでの航空自衛隊の活動(の一部)を違憲と判断した.詳しくは自衛隊イラク派兵差止訴訟の会のサイトをご覧いただきたい. http://www.haheisashidome.jp/index.htm この裁判を進められた皆さんの努力に,原告の一人として心からお礼を言いたい. 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 新聞に,判決文を退官のため別の裁判官が代読したとあったので,定年退官かと思ったら,ヤメ記者弁護士さんによると,何と依願退官とのことだ... 続きを読む

受信: 2008/04/20 0:39:50

» ◆イラク派遣・違憲/判決要旨や各種声明など/裁判長のこと トラックバック てらまち・ねっと
 一昨日の自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の控訴審判決、全国に衝撃が走った。  政府は、裁判所のいったこと、と知らないふり。  「典型的な蛇足判決。裁判所による重大な越権行為。裁判官が個人的心情を述べているだけ」(=井上薫弁護士)  当初から加わっているものの具体的には何もしてこなかったので、ここでは私の経験として裁判長に関することにふれる。  青山邦夫裁判長を前向きに評する意味で。  控訴審は、「青山邦夫裁判長」(一昨日は、異動のため高田健一裁判長代読)。  この青山邦夫裁判長は、岐阜地裁で私が本... 続きを読む

受信: 2008/04/22 20:53:23

コメント

この判決、涙出ちゃいますよね。

ひるがえって、日本に暮らしていて、毎日が生の戦争である自分のことを考えてしまいます。戦争らしい戦争ほどの分かりやすさのなさが最大の問題である気が。

投稿: みわちゃん | 2008/04/19 22:37:40

みわちゃんさん、コメントありがとう。

なるほど。考えると、いろいろな形で、毎日の生活が戦争のような人がいますね。そして、国の福祉政策という点に限って見ても、その戦争を終わらせようという方向で十分な努力がなされているようにも思えませんね。

車イスは、ある意味、爆撃の後の廃墟と同じように「分かりやすい」気もします。ただ、跡を見ただけでは、空爆を受けた家族の苦しみそのものを共有することはできないのだけれど。

投稿: うに | 2008/04/19 23:04:04

非常に不謹慎な言い方かもしれませんけど、
「戦争のせいで、いつもの街のいつものあそこが廃墟になる」
「戦争のせいで、家族が失われる」
といった話って、共感を呼びやすいと思うんですよ。それは誰だって思考実験できることですから。

車椅子は目に見えるぶんだけ、まだマシというところがあると私も思うんですけど、でも、マシでもぜんぜん足りてないです。
分かりやすいところは
「階段(段差)が上れない(下れない)」
といったことで、それはいわゆる「バリアフリー」化で解決するかに見えるんですけど、小さいバリアが毎日毎日、一日に何十回も……という状況になった時に、本人にどれだけのダメージが与えられるかは、私も簡単には説明できないです(モノカキなのにすみません)。
この上に、
「バリアフリー化設備として設けられているはずのエレベータが、目の前にあっても使えない(お年寄りや子ども連れがさっさと乗り込んでドアを閉じてしまうので)」
といった、そこらへんのフツーの人のもたらす問題が重なるわけなのですよ。どう説明すればよいのか、私も悩みます。そもそも説明できる性質のものではない気がして。

私、健常者に戻りたいと思ったことは一度もないんです。辛いことも悲しいこともたくさんありました(というか現在進行形で「あります」)。もともと、障害者の友達が結構たくさんいたので、
「健常者でいられなくなった自分」
に関して、そこらへんの人よりは少しは良く知っていたと思うんですが、自分が障害者になって分かったことは、
「いかに自分が何も分かってなかったか」
でした。それは分かってよかったと思うんですよ。なーんも分からんかった自分に戻りたくはありません。
ただ、現状がもうちょっとマシになってほしいとは、強く願うところです。日常がそのまま、生き続ける意欲をもいでしまうような代物である現状って、それこそ、健常者だった時期には想像もつきませんでした。で、それは辛すぎるもんがあります。

投稿: みわちゃん | 2008/04/20 23:57:44

> お年寄りや子ども連れがさっさと乗り込んでドアを閉じてしまう

砕氷船みたいな車椅子があるといいのではないかと妄想してしまいました。

たぶん、そういう機械的な解決より、教育とか意識改革とか、人間的な解決が望まれているのでしょうけれど。

投稿: うに | 2008/04/21 0:10:08

>砕氷船みたいな車椅子があるといいのではないかと妄想してしまいました。

私も、それは妄想します。といいますか、ホントに作りたくなります。でも、道路交通法一つとっても、障害者は弱者でいるしかないように作られていて、その方向で改革されつつあるんですよ。少なくとも日本では。

>たぶん、そういう機械的な解決より、教育とか意識改革とか、人間的な解決が望まれているのでしょうけれど。

これも私、妄想しちゃうところなんですよ。戦車みたいな車椅子に轢かれて死ぬ人がたくさん出現するようになったら、車椅子は弱者のシンボルでなくなるだろうなぁ、と。人を轢き殺したいと思ってるわけじゃないんですけど。

投稿: みわちゃん | 2008/04/21 2:13:51

> 道路交通法

そういえば、セグウェイも、話を聞かなくなってしまいましたねえ。まあ道路交通法の問題だけじゃないのかもしれませんが。直立姿勢が保てる人には車椅子より快適そうな印象ですが、どうなのでしょう。少なくとも、顔の位置が高くなるぶん、弱者という感じは弱まるように思えます。

投稿: うに | 2008/04/21 21:54:34

セグウェイ、乗ってみたいです。浅く腰掛けるような姿勢で乗れれば、なんとかなるような気がします。

でも世の中、われわれの快適さや安全さについては全く無視しちゃってる状態ですから。

投稿: みわちゃん | 2008/04/22 5:33:31

それを必要としている人の意見がどれだけ介護や道路行政の具体的な内容に反映されるかということのほか、戦闘機とかイージス艦を買う金があるんなら、もっといい使い道を考えろ、と言いたくなりますよね。あきらめず、声を出していきましょう。

投稿: うに | 2008/04/22 12:33:34

コメントを書く