« 共和国の遠い夢 | トップページ | 地球儀の上の難民 »

2008.04.09

二度目のチャンス法

U.S. Shifting Prison Focus to Re-entry Into Society - ニューヨーク・タイムズ紙の記事。今日、アメリカではブッシュ大統領が署名して新たな法律が発効する。Second Chance Act - 「二度目のチャンス法」だ。

アメリカには現在、史上最多の服役囚がいる。罪を犯した彼ら彼女らは、教育も、いい職業を得るあてもないまま、やがて刑務所を出ていく。社会への復帰の道は厳しく、再び罪を犯す者も多い。二度目のチャンス法は、この悪循環を断ち切るべく、服役中の更生や教育を重視した予算配分を可能にする法律だ。犯罪者のリハビリと言ってもいいだろう。連邦政府はこの法律に従って1億6,500万ドル(165億円)の予算で、刑務所内の教育、麻薬依存症の治療、出所後の居住や雇用の世話、コミュニティ作りなどを行なう。

議会でも市民の間でも支持は保守派から進歩派まで意外なほどの広がりを見せ、議会ではほぼ満場一致で採択されたそうだ。予算配分の話にとどまらず、罪を犯した人たちをあらためて社会に迎え入れる暖かなまなざしが定着するなら、それはすばらしいことだ。

このブログで

Tags: , ,

2008年 4月 9日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/40817867

この記事へのトラックバック一覧です: 二度目のチャンス法:

コメント

コメントを書く