« 金持ちは死者を運ばない | トップページ | ニコシアの壁は取り払われた »

2008.04.03

女王が語る

Queen Rania on YouTube - ヨルダンのラーニア女王が YouTube にチャンネルを作った。世界中からアラブ人に関するステレオタイプをコメントとして寄せてもらい、それに彼女が答えていくことによって、相互理解を促進しようという試みだ。

オランダの右翼政治家 Geert Wilders が作った反イスラム短編映画 Fitna が公開された直後に発表された企画だが、たぶん、Fitna (これも YouTube にある)に対抗するというより、もっと広い視野での取り組みだろうと思う。

私は王制のような封建的な遺制が大嫌いなのだが、人民を代表、代弁して王族が語るという図式がちょっと新鮮に見えたりする。まあ、実際のところ、庶民の生活を実感をもって伝えたりはできないだろうと思うけど。人々の質問に直に答えるという姿勢も、某国の皇族のみなさんとは違うなあ、という感じ。

このブログで

Tags: ,

2008年 4月 3日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/40741682

この記事へのトラックバック一覧です: 女王が語る:

» ヨルダン女王がYouTubeに専用チャンネルを開設した トラックバック 低気温のエクスタシーbyはなゆー
「Welcome to Queen Rania's official YouTube page. We look forward to receiving your comments and starting this important conversation about stereotypes, so we can work together to break them down. Please note, however, that we cannot approve of inappr... 続きを読む

受信: 2008/04/03 6:50:27

コメント

コメントを書く