« この国を地球の時間の流れに載せよう | トップページ | 金持ちは死者を運ばない »

2008.04.01

怯える社会

東京での「靖国」上映中止 「近隣に迷惑の恐れ」 - 先月19日に「右翼の圧迫感に負けないで」という記事を書いたのですが、映画「靖国 YASUKUNI」をめぐる事態はその後も深刻化し、4月12日から予定されていた東京と大阪での上映はすべて中止に追い込まれたとのこと。

記事には、実際に脅しなどを受けたのかどうかが書かれていません。ぜひとも知りたいところです。

本当に、例えば祝日に日の丸を掲げていない家が焼き討ちに遭うような日が近づいてきたような気がします。怯えず、団結して立ち向かいましょう。真実と正義は私たちの側にあるのですから。

今年はエイプリル・フールで遊ぶ気にもなれません。

このブログで

Tags: , ,

2008年 4月 1日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怯える社会:

» 『靖国 YASUKUNI』上映中止 トラックバック つぶやき手帳
疲れて早く眠りたいのだが、これはいくらなんでも見過ごすわけにはいかない。 問題作『靖国 YASUKUNI』次々と上映中止で東京公開断念に… いよいよ見ることすらできなくなったのか! 国会議員の先生方の「試写会」で、結果的にわれわれ庶民の目からは遠ざけられるようになったわけだ。 良いも悪いも、見なければ判らないではないか。 これはとんでもない事態だ。 映画館が上映に対する妨害行為に怯え、観客が鑑賞する機会を奪われる。 この国をそんな国にしていいのか? 洒落でもなく悪い冗... 続きを読む

受信: 2008/04/01 0:07:01

» 侠気のある映画館はないのか? トラックバック ペガサス・ブログ版
いつもチェックする「低気温のエクスタシー」のサイトを見て愕然とした.例の,国会議員による「検閲」が問題になった映画「靖国」が,予定されていたすべての映画館で上映中止になったというのだ. http://alcyone.seesaa.net/article/91760987.html http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000114-jij-soci 結果的に,「検閲」が効果的に作動したことになる.実に恐ろしい世の中になった.「非国民」という言葉が,... 続きを読む

受信: 2008/04/01 18:02:51

» 日本で映画『靖国 YASUKUNI』上映中止 トラックバック 薫のハムニダ日記
映画『靖国 YASUKUNI』が日本で上映中止になったというニュースが、昨日から韓国メディアでも報道されています。 映画館側が‘自粛’したんですか。しかも5館そろいもそろって。 へぇ~。ほぉ~。 日本社会って、スバラシイ空気が漂っているんですねィ。 このニュースに接して、すっげ~、観たくなったゾ。 韓国で一般公開されたら(後になって気づいたが、実は先日、ソウル市内で開かれたインディー映画イベントでひっそりと先行上映されていた)、絶対にに観に行ってやるぅ~。 それでは聯... 続きを読む

受信: 2008/04/02 11:35:41

» 靖国問題のビデオ「まだ軍服を着せますか?」 トラックバック ペガサス・ブログ版
靖国問題のビデオ「まだ軍服を着せますか?」を見た.内容が深い.ぜひとも一見をお奨めする. プロデューサーは落合誓子氏,企画・制作は金沢出版社,1989年の作品である. だいぶ前のものだが,決して古くなっていない.小泉首相の靖国参拝でこの問題がクローズアップされているので,むしろ今が旬と言っても良い作品である. 前半は靖国にお参りする旧軍人や遺族たちがクローズアップされる.この人たちのインタビューを見ていると,そうなのか,そんなに強く信仰しているのか,とか,自分の肉親がこの神社に祭られているの... 続きを読む

受信: 2008/04/03 22:27:43

» アジェンダ設定力 トラックバック ペガサス・ブログ版
「表現の自由」は無制限か? 反発する向きもあるようだが,「世に倦む日日」の論考には鋭いものがある.映画「靖国」上映問題をめぐる記事「『靖国』と表現の自由の逆説 - 石井紘基と公共の福祉の規制」もその一つだ.この記事では,「表現の自由」の論理でこの問題を扱うだけでは不十分であるとして,ドイツの基本法第2条「何人も、他人の権利を侵害せず、かつ憲法的秩序または道徳律に違反しない限り、自らの人格の自由な発展を求める権利を有する」を引用している[註].ドイツはこの「憲法的秩序または道徳律に違反しない限り」とい... 続きを読む

受信: 2008/04/10 7:59:59

» 映画そのものの破壊工作をする有村治子議員を罷免せよ トラックバック ペガサス・ブログ版
映画「靖国」への「検閲」でも飽きたらず,自民党の国会議員は映画そのものへの破壊工作を始めた.共同通信配信の記事を今日(10日)の西日本新聞と佐賀新聞で見たが,それによると,有村治子議員はこの映画に出演した刀匠刈谷さんに直接電話をしたという.その後,有村議員によると「刈谷さんらは出演シーンの削除を希望している」というのだ. これに対して李監督は,刈谷さんらから「どこでも上映してください」と了承を得ていると反論している.そして,「(削除の希望は)信じられない.どうして政治家がそこまで介入するのか」と怒... 続きを読む

受信: 2008/04/10 23:02:24

コメント

「靖国」、見たいんです。作品としてすごく良くできていそうなので。

ヘンな話ですよねぇ。政治的に中立なドキュメンタリーなんて、最初からありえない話なんだから。
見たい人は見ればいいし、見たくない人は見なきゃいい。それだけじゃないんですか? 私は見たくない人に無理やり見せようとは思わないけど、自分が見たいものを「見るな」と言われたくもありません。

投稿: みわちゃん | 2008/04/01 17:09:30

すみません。まちがってTBを重ねて送ってしまったようです。余分なものは削除してください(汗)

まったくもって酷い話です。

投稿: 主義者Y | 2008/04/01 20:07:00

みわちゃんさん、こんにちは。

自由を基準にしてものを考えるとおっしゃるとおりなのですが、暴力を基準にする人たちには通じないみたいですね。

主義者Yさん、こんにちは。

昨夜はココログのサーバがおかしかったみたいなので、そのせいだと思います。ご心配をおかけしてすみません。

投稿: うに | 2008/04/01 21:34:46

うにさん。TBありがとうございます。
もう1つこのことでエントリーをあげようと思ってました。

>記事には、実際に脅しなどを受けたのかどうかが書かれていません。ぜひとも知りたいところです

同感です。
ちゃんと実体〔映画〕を知らないで、その前に牽制してしまうのはイケマセン。対話の機会すら奪われる。

私の調べた限りでは大阪では、十三の第七芸術劇場で5月10日~16日午前10時20分からの一日一回上映とスケジュールにはでています。見たい人殺到するんじゃないかしらん?

投稿: pianocraft | 2008/04/01 23:34:44

pianocraftさん、こんにちは。

第七芸術劇場、私も応援することにします。

投稿: うに | 2008/04/02 22:45:25

コメントを書く