« ボルツァノの処刑人 | トップページ | 退く時、戦う時 »

2008.02.19

仮想スラム街ツアー

This is Kroo Bay - Save the Children というイギリスの団体が18日に公開したシオラレオネの首都フリータウンにあるスラム街の仮想ツアーサイト。左ボタンを押しながらマウスを動かして、見る方向を変える。「?」のアイコンをクリックするとその場所や人に関する動画やスライドショーを見ることができる。場面は川のほとり、サッカーグラウンド、病院、家の四つで、「↑」アイコンをクリックして移動することができる。

30歳の母親の話を聞くリンクには、「注意。とても悲しい」と書き添えてある。よい医療を受けるためには高いお金が必要であり、彼女は子どもに診察を受けさせることができなかった。スラム街の病院はただで診てくれるが、薬が足りていない。この Kroo Bay のスラムでも、シエラレオネ全体でも、幼児の死亡率は非常に高い。

画面右上の Save a life のリンク先でクレジットカードで寄付ができる(.jpのメールアドレスは受け付けてもらえないようだった)。このサイトを知るきっかけになったロイター電 "Child campaign brings Freetown slum to Internet" によると、5ポンド(約1,000円)の寄付でマラリア予防用の蚊帳が1枚贈れるらしい。

このブログで

Tags: , ,

2008年 2月 19日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮想スラム街ツアー:

» やはり日米地位協定の廃止しかない トラックバック 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう
昨日の報道では、また沖縄で、キャンプ・シュワブの海兵隊員が、酒に酔って民家に不法侵入するという事件があった。 一説では、先の女子中学生暴行事件で、基地のゲートの門限が厳しくなり、時間に遅れて中に入れなかった海兵隊員が、民家に侵入して寝込んでいたらしい。他..... 続きを読む

受信: 2008/02/19 4:12:05

コメント

コメントを書く