« エレーヌ・ベールの日記 | トップページ | 仏のハンスト、成功裡に終わる »

2008.01.12

バグダッドは雪模様

Snow falls on Baghdad for first time in memory - ロイター電。11日の朝、バグダッドで雪が降った。人々の記憶では、みぞれが降ったことはあるが、雪は覚えている限り、初めて。そう言えば半年前にはアルゼンチンのブエノスアイレスで89年ぶりに雪が降った。気候変動がのっぴきならないところまで来ているのを感じる。

バグダッドの市民たちは、雪が「平和の兆し」だと言って喜んでいる。もしそうならば、私も、イラクのすべての町に、村に、何回も何センチも雪が降ることを強く祈ろう。雪よ、斃れた者の墓を白く覆え。冷たい空気よ、銃の引金にかけた指を凍てつかせてしまえ。子どもたちよ、安心して遊ぶがよい。大人たちよ、見知らぬ者に出会っても、「雪が降っちゃ、かないませんね」と、肩をすくめて挨拶を交わせ。

9日、WHOがイラク侵略以降の死者推計を発表した。WHOのサイトから当該論文(The New England Journal of Medicine に掲載された Iraq Family Health Survey Study Group の "Violence-Related Mortality in Iraq from 2002 to 2006")へのリンクがある。イラク全国を1,086の地域に分け、治安が比較的よかった89.4%の地域で聴き取り調査を行なったところ、人口1,000人あたりの死者は5.31、戦闘がらみの死者は1.09という結果が出た。調査の行えなかった地域の情報を補うなどして、全国的には戦闘がらみの死亡率は1.67(1.24から2.30の範囲)と推定し、それを実際の人口に適用して、151,000人(104,000人から223,000人の範囲)という推計が得られたようだ。

このブログで

Tags: , ,

2008年 1月 12日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バグダッドは雪模様:

コメント

うにさん、トラックバックありがとうございます。
お返ししたいのですが、通らないようです。(承認制にしました?)

約15万1000人のイラク市民が2003年3月から2006年6月までに殺されたとのWHOの調査
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-562.html

投稿: 村野瀬玲奈 | 2008/01/12 0:24:52

村野瀬さん、ありがとうございます。

> (承認制にしました?)

すぐに反映される設定にしてあるのですが、昨夜は私のブログにもスパムのトラックバックがいくつか付いていたので、ココログのサーバの負荷が高くなっていたのかもしれません。

投稿: うに | 2008/01/12 8:57:14

コメントを書く