« 写真と距離 | トップページ | カティンの森、ふたたび »

2007.11.10

貧しさの中、少女は死んでいった

一人の少女の死がフィリピン社会に波紋を広げている。Mariannet Amper さん。享年12歳。フィリピン南部のダバオ市の小学校の6年生だった。彼女は、自分の家の貧しさに絶望して自らの命を絶った。"Girl who killed self lamented family's poverty in diary"。

彼女の日記には、「靴とかばんがほしい。お母さんとお父さんに仕事がほしい」と書かれていた。父親は建築現場の労働者で失業中。母親は工場でパートで働くほか、クリーニングの下請けをやっていて、わずかな収入を得ていた。家には水も電気もなかった。あの家の子たちは汚いと言って、近所の子どもたちが仲間はずれにしていたという証言もある。

同じく Inquirer 紙の "'We are all to blame for poor girl's suicide' -- bishop" は、Mariannet さんの自殺についての宗教者たちの発言を集めている。カトリック、プロテスタントを問わず、フィリピンに生きる人すべてが彼女の自殺に関して責任を負っているという見解を述べている。「私たちは、不正を正し、汚職や腐敗を追及するという市民としての義務を果たしてこなかった。見て見ぬふりをして、何も行動しなかったのだ」「イエスの教えの要点は、貧困と闘うことだ。イエスはいつも貧しい人たちについて語り、貧困を作り出す要因である秩序を批判した」「政府とは、貧しく弱い人たちを支えるためにあるのだ。しかし政治家たちは政府の意味を曲げてしまった」。

少女の死が不正や抑圧に端を発するものであるという考えを受け入れるならば、その責任は国境によって押しとどめられることもないと考えるべきだろう。ごく具体的に言えば、フィリピンの権力層の腐敗について、日本にいる私たちはずっと前から知っていたのに、その甘い汁のもとである援助の形を変えようという声を十分にあげることがなかったことを悔いなければならないだろう。

もう一つ。フィリピンの貧困や権力腐敗の度合いやを自分たちとは次元が全く異なるものと考えることも許されない。

Tags: , ,

2007年 11月 10日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧しさの中、少女は死んでいった:

» 報告会を再度開きます.18日に福岡,28日に佐賀で トラックバック ファスレーン365
福岡市南区の黒木鞠子さんが主宰される「コスモポリタン」の第57会例会として,ファスレーン365の報告会が11月18日の日曜日に開かれます.どうぞおいで下さい.黒木さんは日本チームの... 続きを読む

受信: 2007/11/10 8:27:05

» 国民の不安を減らせないすべての政権と政策は失敗である トラックバック 村野瀬玲奈の秘書課広報室
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 内閣府の「国民生活に関する世論調査一覧」の結果を各報道機関が伝えていますね。内閣府のサイトでも、1958年から実施されているという過去の調査の結果も含めて... 続きを読む

受信: 2007/11/12 22:06:33

» 『決意表明』 −正義のために市民としての使命を自覚して− トラックバック 鳥居正宏のときどきLOGOS
みなさま。これまでの拙ブログの記事で、2回にわたって告発して参りました、私を騙した大阪弁護士会所属の、詐欺まがいの悪徳女性弁護士に対して、私は本日、自力で(代理人弁護士なしで)、契約不履行に対する損害賠償を求める、裁... 続きを読む

受信: 2007/11/13 1:00:45

コメント

うにさん、お久しぶりです。

いま以前にブログで取り上げてもらった、ラビア・カーディルさんが来日中で今日は東京講演です。また、関心をもっていただければ幸いです。

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1469

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1472

投稿: kok | 2007/11/10 11:29:59

「経済」12月号に「外国人研修生実習生制度」の特集がありました。

研修生の時給は300円。強制貯金として有給取ったらクビ。災害で怪我をしたら自己責任。「逃亡防止」のためパスポートは取り上げられており、携帯電話は所持禁止、乗り物で行く遠出は禁止。
http://imadegawa.exblog.jp/6654685

「怒りの葡萄」を連想するすさまじさでした。
論理的には飛躍しているかもしれないですが、反戦は反貧困、反貧困は反戦だと内心思っています。

投稿: 反戦とうちゃん | 2007/11/10 11:42:13

kokさん、
講演会の成功をお祈りいたします。ウイグルもチベットも、日本の中では反中華的な右翼、民族主義の言説の中に回収されてしまいがちなのが残念でなりません。

反戦とうちゃんさん、
反戦と反貧困は、おそらく単純な等号では結べないと思いますが、明らかにそこには方程式が存在していると私も思っています。

投稿: うに | 2007/11/10 20:36:41

コメントを書く