« バングラデシュで軍の立ち退きを求める学生運動起こる | トップページ | 緩いパンツ »

2007.08.24

慟哭

通勤時には、音楽やポッドキャストを聞いている。Democracy Now! で、23日はちょうど80年前にボストンで Nicola Sacco と Bartolomeo Vanzetti が処刑された日だということを知った(ニューヨークタイムズ紙の当時の記事が読める)。

家に帰ったら、この日の朝、私たちの国で3件の死刑が執行されたことを知り、茫然とした。

世界中が冤罪について思い出す日の死刑執行。昨年暮れのクリスマス処刑に続き、選ぶ日に何か象徴的な意味がこめられているのかもしれない。どんな意味なのか、私には分からない。

死刑制度の廃止は、とても難しい問題だ。議論して人の意見を変えさせようと思う力は私にはない。人の命という側面に限っても、自殺もダメと言う人もいるし、戦争だってOKと言う人もいる。それらの要素を整理しないで、実のある議論などできるわけがないと思う。今は、自分の中で、80年前の話を消化したいと願うばかりだ。…というわけで、死刑制度を存続させるべきだという意見の人は、コメントやトラックバックをご遠慮ください。

Tags: ,

2007年 8月 24日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慟哭:

» サッコ=ヴァンゼッティの処刑 トラックバック Intersecting Voice Cafe
昨日8月23日はひどいニュースが流れましたね。 asahi.com:3人に死刑執行 長勢法相、最多の計10人(2007年08月23日11時46分) (前略)  同省は執行の対象者を公表していない。関係者によると、無職竹沢一二三死刑囚(69)=東京拘置所=、元歯科医院事務長瀬川光三死刑囚(60)=名古屋拘置所=、無職岩本義雄死刑囚(63)=東京拘置所=の死刑が執行されたとみられる。3人は00〜01年に死刑が確定していた。 (後略) asahi.com:死刑執行、10ヶ月で2... 続きを読む

受信: 2007/08/24 12:28:12

» 長勢執行は最後まで異常だった トラックバック ダイイン
つい2日前、東京拘置所の周辺に行ってきたのだった。 あそこは都内にしてはとても緑豊かで、少し行くと荒川があり、辺りは静かな住宅街だ。 その隣で。 <死刑執行>3人を執行 長勢法相の下で10人 正直、油断していた。 お盆前に執行されるとの説が有力だったし、何より、あと4日で内閣改造だ。つまり長勢甚遠は大臣から議員に戻るんだ。政治とカネ疑惑が次々に浮上し、あと数日で大臣職を辞するであろう人間が、普通、その権限を使って人殺しはしない。と思っていたが、甘かった。 考えてみれば、長勢大臣には油断を付かれ... 続きを読む

受信: 2007/08/24 13:48:34

» サッコ・バンゼッティ事件 トラックバック ++つぶやき手帳++
うにさんの記事で気がついた。8月23日はニコラ・サッコとバルトロメオ・バンゼッティが処刑されてからちょうど80年。「イタリア移民」と「アナーキスト」への偏見と憎しみが生んだ、アメリカ裁判史上最大の冤罪事件。「死刑」を考えるうえで、記憶せられるべき日なのだろう。 この同じ日に 3人に死刑を執行 長勢法相、最多の計10人 このブログでは、まだ死刑について考察したエントリーは書いていない。ただ「国家による殺人」という角度からは深く考えねばなるまい。 ソウルの西大門独立公園内に、日本統治... 続きを読む

受信: 2007/08/25 0:34:03

» 死刑台のメロディ トラックバック 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑に反対する何人かのブロガーが取り上げていた「サッコ・ヴァンゼッティ事件」。 壊れる前に... 「慟哭」 http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_c803.html ++つぶやき手帳++ 「サッコ・バンゼ... 続きを読む

受信: 2007/08/28 22:28:16

» けっして「いのち」を裁いてはいけない −死刑制度の廃止にむけて− トラックバック 鳥居正宏のときどきLOGOS
死刑制度存廃国の現状======================================【2007年8月現在】 法律上死刑を廃止している国・・・100カ国事実上死刑を廃止している国・・・30カ国2006年度中に死刑を執行した国・・・25カ国 ◎経済先進国で死刑... 続きを読む

受信: 2007/08/29 1:13:14

コメント

この記事へのコメントは終了しました。