« 乱射事件と核武装 | トップページ | カトリック教会が教義を一部変更 »

2007.04.21

憎むことの罪

EUが人種差別や他民族排斥を扇動するような言動を犯罪として扱う法案に合意した(Deutsche Welle の "EU Agrees on Penalties for Racism and Xenophobia"、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンの "EU adopts measure outlawing Holocaust denial" など)。

この法案は、人種、肌の色、宗教、出自、民族などに基づいて集団や個人に向けられた暴力や憎悪を煽る意図的な行動に対して1年以上3年以下の懲役を科すというもので、ジェノサイド、人道に対する罪、戦争犯罪を否定したり著しく矮小化したりした場合にも適用される。

各国の国内法が優先するとされているほか、扇動等の定義も各国に委ねられており、言論の自由との兼ね合いの判断も各国の法制に基づいて行なわれることになるので、EU全体で法制化されても、おおむね象徴的な意味合いしか持たないのかもしれない。

法制化の議論は2001年から続けられてきたが、ラトビアなどバルト3国がスターリンによる粛清もジェノサイドとして扱うよう求めたため、合意が遅れていたと書かれている。今回、全会一致で承認された法案は、戦争犯罪等については国際法廷で認められたもののみを対象としている。

法律によって差別が根絶できるとは私は思わないが、差別や偏見を煽ったり戦争犯罪を否定しながら「悪いことをしている」という自覚が全くない人への意識喚起にはなるのかもしれない。日本でもこういう法律があるといいなと思うけれど、首相からして戦争犯罪に無反省な人なので、それはヨーロッパ27か国が合意するよりもあり得ないことなのだろう。

ドイツの裁判所は戦争犯罪等について普遍的管轄権を認めている(国外での犯罪にも司法権が及ぶと考えている)ので、この法律ができると、理論的には、日本の悪質なブログや安倍首相の発言もドイツで提訴できるようになるのではないかと思う。胸に手を当てて、心当たりのある人は、私がドイツ語を勉強して告発状を書くのを、気長に、首を洗って待つがよい。

Tags: , , ,

2007年 4月 21日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/14789809

この記事へのトラックバック一覧です: 憎むことの罪:

» 「花を摘みとることはできても、春の訪れを止めることはできない」 (不定期連載『希望の言葉』) トラックバック 村野瀬玲奈の秘書課広報室
私の前ブログ「秘書課、村野瀬玲奈です。」で2006年11月17日に載せた記事です。 理不尽な暴力でつぶされた民主主義と平和への希求の思いを新たにし、理不尽な暴力に斃れた人を追悼し、その意思を引き継ぐ思いを新たにする... 続きを読む

受信: 2007/04/21 20:08:48

» 「反人種差別運動は子どもの遊びから」 (フランス版エル誌から) (不定期連載『海外の記事を読む』) トラックバック 村野瀬玲奈の秘書課広報室
(2007年4月3日補筆) 私がときどき読む雑誌に、フランス版エル(ELLE)があります。半分フランスの毒電波(笑)でできている私には、日本版エルよりもフランス版エルの方がずっとおもしろいのです。今回は、フランス版... 続きを読む

受信: 2007/04/21 20:15:40

コメント

石原慎太郎、麻生太郎、安倍晋三、中山成彬・・の各氏の発言にも、これに抵触しそうなのがありますね。

かつて2000万人のアジアの人々を、日本政府が侵略戦争で殺したことは事実なのですが、この戦争犯罪に対する無関心が日本を60年間覆い続けているのも事実ですから、こんな発言をしてもべつになんともないのでしょう。
選挙にもひびきはしないし。

現在イラクで米英日政府が行っている戦争犯罪についても、大多数の米英日国民は、おなじく無関心で4年間が過ぎていきました。

多数の人々が犯罪の事実を直視しないかぎり、見通しは暗いなあと思いながら、もう4年も経ってしまいました。
http://www.geocities.jp/wemustnotkill/

人間同胞に対してなんでこんな暴虐が可能になるのでしょう??

木村公一牧師は、

戦争は悪魔が引き起こすのではなく、私利をむさぼる人々の「戦争への意志」によって起こされます。それを押し止めるのは私たちの平和への意志だけなのです。

とおっしゃりました。
私はこの4年間本当に悩んでいます。

投稿: nora | 2007/04/21 23:17:56

noraさん、本当に、イラクの人たちにとっても私たちにとっても、この4年間はいったい何だったのかと思ってしまいますよね。
未来において同じような過ちを犯すことのないように、自衛隊派兵を含め、イラク戦争からしっかりと教訓を引き出さねばと思います。

投稿: うに | 2007/04/22 10:36:22

コメントを書く