« なんてったってアイドル | トップページ | 韓国では日本文学が人気 »

2007.04.10

東京をボイコット

私は東京の渋谷区の生まれです。物心ついたころの都知事は美濃部亮吉さんでした。東京を離れて20年も経ちますし、望郷の念などという感傷にも無縁なのですが、石原慎太郎都知事の三選を目の当たりにして、ちょっと大げさですが「ああ、もう私が帰れる街ではないんだな」と思いました。首都の首長として大変恥ずかしい差別主義者が当選したということだけでなく、歩みを一つにできなかった(昔風に言えば)革新陣営の人たちにも落胆を禁じ得ません。その思いを「東京をボイコット」という行動にしてみます。

「東京をボイコット」で検索しても、一件も引っかかりませんねえ。ちょっと意外。商標登録でもしてみましょうか。最後に「。」を入れたりすると少し今っぽくなるかも。東京には仕事で年に5、6回しか行かないのですが、とりあえず宿は横浜あたりに取ることにします(高い宿に泊まる人なら、都の宿泊税も払わないことになるので効果的ですが、残念ながら私は安いホテルにしか泊まりません)。会議の日程を決める時などにも、一応、「この会議、都内で開く必要あります?」とか言ってみる。東京は避けて通れるものでもないので、これくらいかなあ。まあ、痛くもかゆくもなく、独善的ですが、しかたないですね。

さて、振り返って、私が住んでいる市の京都府会議員選(定数2)は、以下のような結果でした。なんとも代わり映えがしません。ご近所の人たちの傾向を考えても、思わず納得してしまう数字です。

2003年2007年
民主党現職9,10939.2%8,95338.2%
自民党現職8,26235.5%8,32835.5%
共産党新人5,89225.3%6,16826.3%
23,26323,449

選挙戦の間、一番頻繁に回って来たのは自民党候補の車でした。名前の連呼しかしないのが特徴的でした。それでも当選するんですよねえ。そこらへんがこの街への失望に私を誘いますが、自分の住んでいる街をボイコットするわけにもいきませんから、政党に属さない一市民として、少しでもよくしていく努力を続けていこうと思います。

Tags: , ,

2007年 4月 10日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京をボイコット:

» 都知事選 トラックバック はんなり・・・
 今、(8時過ぎ)早々とニュース速報で自民・公明の支持を仰いでいた石原都知事が当選確実、と流れていた。 こんな早い時間で結果が出てしまうのね。(出口調査ってそんなに正確なのかな?) ラストスパート、色んな顔ぶれが出馬し、票がバラケテ、浅野氏も思ったよう...... 続きを読む

受信: 2007/04/10 9:40:41

» 石原さんが再選されたねえ トラックバック あんなこと、こんなこと。どんなこと?
NHKほかマスコミによると東京都民の70%前後がオリンピック開催に積極的・消極的に反対だという。 築地移転も、そりゃあ、食物を扱う市場を有害物質で土壌が汚染されたところに移転させるというのだから、聞かれれば、嫌だという人が大多数だろう。 それなのに、すんな....... 続きを読む

受信: 2007/04/10 10:50:05

» 自公案「国民投票法」(実質的に「壊憲手続簡略化法」)への反対の意思表示ももう一度、どうか、よろしく... トラックバック 村野瀬玲奈の秘書課広報室
「国民投票法」、12日に特別委員会採決、13日に衆議院本会議採決、とききました。 私は、今の段階の「国民投票法」、特に自公案国民投票法が国民と民主主義のためにならないと私が考えるかをできるだけていねいに説明し、これからの私... 続きを読む

受信: 2007/04/10 11:33:53

» 都知事選と時代の精神 トラックバック 残 照
8日の日曜日、他県への仕事からの帰宅は夜10時を廻っていました。「都知事選の速報はどうぉ?」と開口一番家人に尋ねたのでしたが、「何言ってんの、もう8時過ぎに当確出ちゃったわよ」と。 控えめに‥‥、「で?どっち」「慎太郎よ」 自身の読みの甘さに返す言葉もなく、着替えも忘れ呆然とするだけでした。 仕事からの疲れもありましたが、その夜はもう何をするのもけだるく、メールチェックだけを済ませ、苦い寝酒を煽って寝ちゃいました。 私は都民ではありませんが、首都の首長を決める選挙ですし、年に二桁ぐらいの... 続きを読む

受信: 2007/04/11 8:16:03

» 超緊急!与党による4月12日の国会運営の暴走に歯止めをかける電話、ファクス、メールを! トラックバック 村野瀬玲奈の秘書課広報室
「保坂展人のどこどこ日記」の今日2007年4月11日の記事「石原大勝で与党暴走の兆し」で、保坂さんが次の3つの国会審議の明日4月12日の展開に警鐘を鳴らしています。 その1。 憲法調査特別委員会における審議打ち切りと採決(国民投票法... 続きを読む

受信: 2007/04/11 16:39:56

» 自民退潮の波が始まった トラックバック アッテンボローの雑記帳
 どうもここ暫く精神的余裕がないために、書き込みへの返事はおろか記事の更新も滞り 続きを読む

受信: 2007/04/12 22:01:36

» 嘉田滋賀県知事は裏切り者なのか?⇒マニフェスト破棄しダム容認へ トラックバック 『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 『New Platonic Synergy Theory』   
◆◆新幹線問題と並んでダム凍結は、嘉田滋賀県知事のマニフェストの中でも中心的課題であったはずである。さらに、嘉田氏こそは、琵琶湖・淀川水系の問題の専門家であり、ダム建設反対論の立役者の一人であった。 ◆◆その嘉田由紀子氏本人が、自己のマニフェストを破棄して、開発計画の殆どのダムの容認に動くことは、大学で学んだ学生、選挙で支援した県民への裏切り以外の何だろうか! ◆嘉田由紀子氏は、自己のマニフェストで『県内6カ所でのダム計画の全面凍結・見直し』を掲げていたのである。それが、現在、2月に2カ所の容認... 続きを読む

受信: 2007/04/17 20:58:11

» 「多数派の諸君!!」(外山恒一氏ふうに) トラックバック ++つぶやき手帳++
一週間で三つの強行採決 国民投票法(12日憲法調査特別委員会) 米軍再編法(12日安全保障委員会) 少年法(18日法務委員会) 仕事から帰っていつの間にか寝てしまっている毎日、「都知事選の結果について」の続編を書きたいと思いながら、ついつい2週間近くたってしまった。 そして17日の凶行で、長崎市長が射殺されてしまった。 あまりにも政治的な事件が起こり過ぎて、筆が追いつかない。関心を向けたくても疲労が溜まってパワーが出ない。私なんかは遥かにマシな境遇だろうが、思えば世の多く... 続きを読む

受信: 2007/04/19 21:03:20

コメント

あまりにもお粗末な結果に私の記事も短いものでした。(苦笑)

黒川さんの、(実は)石原氏援護(笑)も、効力を発揮したんじゃないでしょうか?
石原氏落選か?という、或る程度の危機感(?)を有権者に感じさせることに成功しましたから・・・。

石原氏はブログを重視していたそうで(周りのブレーンの知恵でしょうが)、ブログで自分のことを(良く)書いてくれるブロガーを集めて何かやってはりましたね。
お金や権力のあるところには、「選挙のプロ」が裏に控えてるのでしょう。それに踊らされている都民っていうのも、なんだか進歩が無くて、鬱屈とした気分に陥ります。

投稿: はんな | 2007/04/10 9:47:32

はじめまして。
東京ボイコットですか。石原某三選の以前から私はボイコットしてましたが、いよいよ避けるべき街・筆頭に躍り出ました。東京ボイコットではありませんが、マッチョ東京で検索してみて下されば私が今朝アップしたブログがヒットすると思います。

順番が逆になりましたが、最近「壊れる前に…」を見つけ、毎日読ませていただいてます。今後のご活躍期待しております。

投稿: ニシナ | 2007/04/10 19:22:36

はんなさん、ニシナさん、
コメントありがとうございます。まだ明日(今日)の仕事の準備があって、気もそぞろで、まともなお返事が書けません。すみません。
まあ、好むと好まざるとに関わらず、私たちの暮らす社会なので、あきらめずに、少しでもよい方向に向かうよう、がんばりましょう!

投稿: うに | 2007/04/11 1:53:51

コメントを書く