« カート・ボネガットの死を受け入れる | トップページ | バグダッドのグリーンゾーンから »

2007.04.14

国民投票法案の衆議院可決

「日本国憲法の改正手続に関する法律案」が衆議院で可決される場面をテレビのニュースで見ました。起立による採決だったのですね。とても大事な法案なのに、個々の議員の投票行動はおろか正確な票数さえ記録に残らないのでしょうか。なにかとても不思議な気がします。

私、恥ずかしいことですが、どういう法案が通ったのか、よく知らないのです。ニュースで、関連する事項ごとに区分して賛否を問う形になったと知りました。衆議院のサイトには、与党提出の法案民主党提出の法案も、提出時の文面しか掲載されていません。そのどちらも、憲法改正案全体に関して一括して賛否を問う形式のものだったので、特別委員会での審議のようすを逐一追っていなかった私は、かなりびっくりしました。

暢気すぎると言われるかもしれませんけれど、戦争の放棄を定めた9条を守るということに関しては、この形式は、むしろ有利になったと言うか、前向きに、この特徴を最大限に活かす運動をしていかなければならないと思いました。あ、その前に、参議院でぜひ廃案にする努力をしなくてはいけませんね。今国会は延長がないわけですから、とことん、やれることを全部やっていきましょう!

Tags: , ,

2007年 4月 14日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票法案の衆議院可決:

» 安倍一賊(あべいちぞく)、その命運 トラックバック 戦争を語るブログ
おまえら、アメリカ様に貢いで捨てられるだけ。そんな極右政権でも安泰でいられるのは自衛隊を戦えるようにさせるまでで、改憲後はアメリカにとって邪魔なだけだから取り潰されてしまうぞ。いい加減に気付けよ! (この記事は安倍政権ならびに国民投票法案を擁護する内容で...... 続きを読む

受信: 2007/04/14 10:51:40

» 国会法改正案(国民投票法案)はさきどり改憲法案(憲法96条違反) トラックバック 平和への結集第2ブログ
改憲の発議要件は、憲法96条で規定されています。ところが、与党と民主党の国会法改正案(国民投票法案)でも、改憲発議要件を規定しています。だから国会法改正案は改憲案そのものだと思うのですが・・・これは96条の素人解釈でしょうか? (1) 「発議」は議案の提..... 続きを読む

受信: 2007/04/19 18:12:11

コメント

>戦争の放棄を定めた9条を守るということに関しては、この形式は、むしろ有利になったと言うか、前向きに、この特徴を最大限に活かす運動をしていかなければならないと思いました。

いや、それは残念ながら逆かと思われますが・・・。
自民党は国民の(知能、若しくは意識)程度を「A級」とか「B級」に分けて考えているようですが、如何に「B級」の国民が多いかということも十二分にわかっていて、その人たちむけの選挙をして、今まで君臨し続けていたわけですよね。(石原さんが圧倒的勝利を収めたことも同じかと)
なので、あほな国民を煽り、九条を改悪させることなど、赤子の手をひねるよりた易いことだと思っていると思いますよ。
実際、深く物事を考えている国民など少数ですし、(私は決して左ではありませんが)右寄りの人間が多いことも事実でしょう。

投稿: はんな | 2007/04/16 9:36:20

はんなさん、
うーん、「国の環境保全の責務」とか「政党の政治活動の自由」「地方自治」などは通るけど、第9条の改変とか「軍事裁判所の設置」は、最後の段階で躊躇する人が多いと思うんだけどなあ。甘いでしょうか。
みんなが最後にもう一回よく考えるような情報がちゃんと流せるようだといいのだけれど、今考えられている手続きだと、そこらへんが心配ですね。

投稿: うに | 2007/04/16 18:23:55

こんばんは。
14日の朝日(35面)に天木氏も「むしろ国民の一票で拒否した方が」と書かれてましたね。
"こ●●いとう"の支持者の皆さんなんか右にならえで、そのままころころ転がっていかないでしょうか・・・。

投稿: winter-cosmos | 2007/04/16 19:32:59

winter-cosmosさん、こんばんは。
できれば参議院が安易に妥協せず、こんな法律じゃまずいんじゃない?という見解に達してくれるといいのですけどね。それよりも国民投票そのもので否決される可能性のほうが、まだ強いんじゃないかな。これから数年間、私たちがどれだけがんばれるか、ということだけど。
ところで伏字は、金平糖? 高配当? こ゛名答?

投稿: うに | 2007/04/16 20:54:26

>第9条の改変とか「軍事裁判所の設置」は、最後の段階で躊躇する人が多いと思うんだけどなあ。甘いでしょうか。

悲観的になっているわけではないですが、やはり、「甘い」でしょう。
フタを開けたら、今回の都知事選の結果と変わりは無いと思います。

多分、うにさんの周りの人たちは意識レベルも高いのでしょうが、街を歩く若者の多くはそんなことに関知せず、もしもこの先、赤紙が来たらゲーム感覚で戦場に行く人も多いでしょう。先が見えない退屈な日本社会にも飽き飽きしているだろうし・・・。(それは他の世代もそれぞれに無関心だと思います)

私の好きな爆笑問題の太田さんの究極の理想は「武器を持たずに平和を維持する」という考え方で、私も昔から同じです。(勿論、太田さんも現実はわかっているけれど、気持ちはそっちを向かないと、これから先も愚かな戦争を繰り返すだけだという意味です)

ですが、「○○から攻撃されたらどうするんだ?」と恫喝されたら(笑)、「戦わない!」なんて答え、「政治の世界」で通用するわけもありません。「戦うこと・国を守ること」こそが正義なわけです。(生まれた国が違うというだけで殺しあうなんてくだらないですが・・・)

政治家を含め、戦争を知らない世代の人間が増えつつあるのに、どうして(戦争の)上っ面だけ見て(正に安倍さんが言うところの「美しく散る」)、そっち方向に傾いてゆくのか恐ろしく感じます。

>みんなが最後にもう一回よく考えるような情報がちゃんと流せるようだといいのだけれど、今考えられている手続きだと、そこらへんが心配ですね。

真面目に考える人なんて、ひと握りですよ。
残念なことですが・・・。

投稿: はんな | 2007/04/17 9:43:29

はんなさん、
厳しいですねえ。でも、私、絶対、9条は守ってみせますから、その時は「吉兆」かどこかでおごってください。残念ながら9条改憲が通ってしまった場合は、割り勘でヤケ酒を。これだとちょっと虫がよすぎるので、参議院で廃案になったら私がおごることにしましょう。

投稿: うに | 2007/04/18 1:10:11

コメントを書く