« アビジャンからの調査報告 | トップページ | 手をたずさえる時代 »

2006.12.14

長い日

ファクス送信中

これを書きながら、裏で参議院教育基本法特別委員会の委員へのファクス送信をしています。かなり多くの議員のところでお話し中で送れないことが、逆に励みになったりします(まさか受話器を外してたりしませんよねえ)。ウィンドウズを使っての一斉送信については、先月の記事(これこれ)をご参照ください。

文面は、以下のようにしました。文才が欲しいところですが、送らないより送るほうが数十倍ましのはず。与党の人に送っても野党の人に送ってもおかしくないようなものを目指したつもりです。文章が思いつかなくて面倒くさくなっている人がいらっしゃいましたら、よろしければお使いください。

今日、教育基本法に関する特別委員会での審議が打ち切られ採決が行なわれるかもしれないと聞いています。

教育は国家百年の計と言われます。どうか、じっくり審議してください。これから教育を受ける世代の将来を決め、日本の国家としての方向性にも大きな影響を与える重要な問題についての判断を、「何があっても今国会で成立させる」といった党派性の強い目先の都合で拙速に行なうことに、国民の一人として強く反対します。

参議院に「良心の府」としての働きを期待するのは、はなはだ時代遅れなのかもしれませんが、悔いのない民主主義を貫徹しようとするならば、今日、明日の採決が行なわれることは許されないと思います。

国会のまわりで座り込み、人間の鎖などの抗議行動に参加していらっしゃるかたがたに、京都から連帯のメッセージを送ります。寒い中、足を運べない私たちのぶんまでがんばってくれて、本当にありがとう。

Tags: , , , , ,

2006年 12月 14日 午前 01:24 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長い日:

コメント

コメントを書く