« チャドに関する国連難民高等弁務官声明 | トップページ | チェルノブイリを最後の事故に »

2006.04.19

ニール・ヤング:「戦争とともに生きる」

Neil's Garage ― Neil Young さんの公式サイト。画面の一番下に流れる文字に注目! 新しいアルバムの録音を今月初旬に終えたと語っています。

アルバムの名前は "Living with War" (戦争とともに生きる)。ドラム、ベース、トランペットと100人のコーラスをバックに歌う「メタル・フォークのプロテスト・アルバム」だと表現しています。タイトル曲の歌詞はこんな感じ:

俺は毎日戦争とともに生きている。俺の心の中には戦争が居着いてしまった。今この瞬間、俺は戦争とともに生きている。夜が明けると、俺の仲間たちが見える。テレビの平たい画面に、殺し、殺される姿が見える。夜が来れば、俺は平和のために祈る。「平和」を思い出してみよう(まぶたに思い浮かべてみよう)。民衆(マルチチュード)の中に俺は入っていく。平和のために拳を挙げる。思想警察なんてまっぴらだ。誓おう。俺たちはもう二度と殺さないと。

(聴く前から泣いてどうする、自分。)

英インディペンデント紙の記事 "Neil Young sets his sights on Bush" で知りました。記事によると、「大統領を弾劾せよ」という題の曲も入っているようです。9/11 以降のニール・ヤングは、あまり「テロとの戦い」に批判的ではなかったようですが、ようやく昔の彼に戻ったのでしょうか。基本的にすごく優しい心の持ち主だからなあ。

いくつかのブログにトラックバックを送ります(today's_news_from_uk+electric pole logRadio Dock)。

Tags: , , , , ,

2006年 4月 19日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニール・ヤング:「戦争とともに生きる」:

» "Living with War" トラックバック RADIO DOCK
From Los Angeles アメリカを代表するシンガーソングライター、ニー... 続きを読む

受信: 2006/04/19 0:53:07

» metal folk protest? ...... ニール・ヤング新作 トラックバック today's_news_from_uk+
Neil's Garageをスクショしてちょっと切り貼りしてみた。アルバムのレコーディングに参加したのは(多分Crazy Horseの)3人と、トランペットと、100人のヴォーカリスト。うはー。100人ですってよ。 うにさんからト... 続きを読む

受信: 2006/04/19 8:54:36

» ニール・ヤング新作を録音完了 トラックバック electric pole log
BBC NEWS | Entertainment | Neil Young writes anti-war album ベテランの歌手のニール・ヤングは、 "Impeach the President"と呼ばれる歌でジョージ・Wブッシュに激しく襲いかかる反戦抗議アルバムをレコーデ 続きを読む

受信: 2006/04/19 18:03:14

コメント

今日は!Google検索からやってきました。
米国でストリームが行われた中、日本の方々にも内容を知っていただきたくて、全曲の和訳を掲載しました。ご参考になれば幸いです。
http://home.earthlink.net/~saori/

投稿: Saori Kappus | 2006/05/08 14:22:51

Saori Kappusさん、ありがとうございました。翻訳、お疲れさま! 

投稿: うに | 2006/05/08 21:11:25

コメントを書く