« 拡張機能を公開します | トップページ | 警察猫お手柄 »

2006.02.09

米紙社説の日本批判を読んで考える

ボストングローブの社説はどうしてこうも日本に手厳しいのだろう。2月8日付け "Japan's history lesson" は、小泉首相のや麻生外相による台湾でのを正当化する発言を取り上げて、彼らが自分たちの野望のために挑発的で傍若無人な的姿勢をとっていることを強く戒め、さらに彼らを弁護したり、戦争や占領、植民地支配の事実をねじまげて美化したり、中国や韓国との国境紛争を煽ったりするたちを激しく糾弾している。私はこの社説にほぼ完全に同意する者であるが、そんな私でも、この論調は耳が痛い。

「アジア全体を危機に陥れることを避けるため、日本の右翼はその好戦的な姿勢を改めなければならない。中国の共産党指導者は日本の挑発を国内の国家主義的な熱を高めるために利用することを慎まねばならない」とこの社説は結んでいる。

この記事は、私たちに、受動的な読み手としてではなく、行動する市民として「読む」ことを求めていると思う。最近、私たちはあまりにおとなしすぎたのではないか。傲慢で独善的な小泉の物言いに騙されるな。声高な、ほんの一握りの右翼たちの攻撃に恐れをなすな。正義と真実は私たちとともにある。世界の人びとの意見は私たちを後押ししてくれているではないか。私たちの力で状況を変えていこう。

2006年 2月 9日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/8568963

この記事へのトラックバック一覧です: 米紙社説の日本批判を読んで考える:

» 沖縄からの手紙 トラックバック 所長さんの照る日曇る日-西成医療生協コミュニティサイト
以下の文章は、西成医療生協あてにメールで送られてきたものです。趣旨を考慮し、ほぼメール原文通りに掲載します。大阪の★遊牧民★と申します。 私も参加している「草の根メディア9条の会」のジャーナリスト近田洋一様よりの緊急の訴えです。多くのMLやHP,ブログなどに流してください。マスメディアにも可能な限りお知らせ願います。このメールは「平和の井戸端会議ML」「市民社会フォーラムML」「クシニッチML」 「劣化ウラン廃絶キャンペーンML」「非戦通信ひろばML」「平和への結集ML」「日本共産党中央委員...... 続きを読む

受信: 2006/02/09 11:46:45

コメント

 すこし趣旨は違いますが、沖縄からの情報の記事をトラックバックしておきます。コイズミ君の「国益」をも損なう「強気」は、アメリカに対する「弱気」の姿勢と表裏一体と考えるからです。そして遮二無二、戦前の日本へ返そすことで彼らの抱えている「矛盾」に国民を巻き込もうとする動向に深い危惧を覚えます。

投稿: ゼファー生 | 2006/02/09 12:00:59

ボストングローブは表層の日本の政治にかかわる現象を、あくまでもその表層の上で日本批判をおこなっているだけであり、逆にその批判は日本の近々の政治家の行動、発言の背後にある深層を隠蔽するために意図的に書かれたものではないだろうか? それはアメリカの国益というより多くのアメリカの企業家に莫大なる富を生み出している軍需産業の実態があり、アメリカ政府(企業)が日本を脅して(日本の政治家に)アジアに緊張関係をつくらせている事実をこうも簡単に無視しているところからも伺える。このような浅はかな思慮のない記事はまた、アメリカの民主主義という実際には存在、機能していないまやかしの現実からアメリカ人大衆を欺くために、(アメリカ政府がアメリカ企業のために無理矢理誘導させられている)フィクションとしての日本の帝国主義を非難するという立場をとらざるを得ないのではないだろうか(あたかもアメリカのジャーナリズムがリベラルな平衡意識を持っているようにみせかけるために)。ボストングローブもここまで追い込まれているということの証明でもあるだろう。

投稿: これから | 2006/02/11 10:58:53

「これから」さん、続けて六回書き込みをなさいましたが、同趣旨なので、一つを残して後は消します。ここはあなたが文章を練習する場ではありません。ちゃんと推敲してから投稿してください。

アメリカの軍需産業複合体が世界の政治に及ぼしている影響がもっと話題にされるべきだという点については私も同意見です。しかし、その「深層」に言及しない議論はすべて表層的であるとしたり、そのコマに過ぎない日本の政治家の行動は免責されるかのように考えたり、それに結びつけて記事が書かれないのは意図的な隠蔽であると言ったりすることには、私は全く説得力を感じません。

投稿: うに | 2006/02/11 15:40:57

ゼファー生さん、コメントとトラックバック、ありがとうございました。エクアドルでは米軍の空軍基地の継続が認められないことになりそうだという記事を先日読みました。沖縄にもきっとそういう日が来ると思います。

投稿: うに | 2006/02/11 15:56:39

コメントを書く