« チェの死んだ国で歴史が創られる日 | トップページ | 史上最も偉大なる男が表彰された »

2005.12.19

ビッグ・ブラザーが図書館にいた

アメリカの大学で政治学の授業のためにタームペーパーを書いている学生が『毛沢東語録』(The Little Red Book)を大学の図書館で借りようと思ったら、その大学には置いていなかったので、他大学から取り寄せることになった。数日後、本を持って彼の家を訪ねてきたのは国土安全保障省の捜査官であった。

という、映画にありそうな話が、本当に起こったようです。大学はマサチューセッツ大学ダートマス校。地元紙 Standard-Times が17日付けで伝えています。捜査官は『毛沢東語録』が要注意リストに掲載されていると学生に語ったとのこと。

図書館の守秘義務とか学問の自由って、現代の市民社会(ないし、工業化の進んだ経済の上になりたつ民主社会)の礎にあるものだと思います。それらをことごとく破壊しようとするブッシュ政権(に限らず日本の自民党政権もそうだと思いますが)って、いったい何を考えているんでしょう。

2005年 12月 19日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビッグ・ブラザーが図書館にいた:

» 学校のノートの落書きで、高校生がFBIに尋問される[米国] トラックバック P-navi info
こちらも教育がらみ。「人力 ビッグブラザー」またの名をチクリ問題。 続きを読む

受信: 2005/12/19 13:01:19

コメント

俺もそれ読んだことあるよ
中国人にとっては聖書みたいなもんだし

でもアメリカの主敵は中国共産党なんだから疑われても仕方が無い
アメリカにどれだけ中国のスパイがいるか知ってるだろ?

もし北京政府が社会主義を批判する本を読んでいたらとっ捕まえるだろう

言論の自由を主張するならアメリカだけでなく世界に目を向けなきゃな

ブッシュを批判するための方便としか映らないな

投稿: 大櫓 | 2005/12/20 11:36:32

論点がずれている上に、前提が私とあまりにも異なっている人のコメントに真面目に答えても時間の無駄のような気もするのですが、

> 言論の自由を主張するならアメリカだけでなく世界に目を向けなきゃな

この部分に述べられていることに関してはまともな問い掛けだと私も思うからこそ、最初から

> 現代の市民社会(ないし、工業化の進んだ経済の上になりたつ民主社会)

というように議論の射程を絞って書いています。ちゃんと読んでから意見を言ってもらわなくては困ります。

> 疑われても仕方が無い

いいえ、私は全くそう思いませんし、私の場がそのような意見を広めるために使われることを拒否します(即物的な謂いをすれば、今後、あなたからのものと見られるコメントは削除します)。そのような意見は自分の場で述べてください。ここはそのための場ではありません。

私はあなたの意見には賛成はしないかもしれませんが、あなたがあなたの場でそれを述べることの邪魔だてはしません。

投稿: うに | 2005/12/20 16:04:08

まじめな回答ありがとう

管理人の意見を要約すると

中国は「現代の市民社会(ないし、工業化の進んだ経済の上になりたつ民主社会)」
では無いから対象外だと・・

そう言う国かどうかは管理人の主観で変わるし
俺の言いたい「図書館の守秘義務とか学問の自由」を求める国や本の中身が管理人の都合で国籍が決まることへ反論になっていない


ブッシュ批判の方便といわれて
そうは思いませんと・・(根拠は答えず)

そして
ここは議論の場ではなく異論者の意見は聞くつもりも無いし今後は削除すると・・
それって毛沢東語録を読んだ米国人を否定する現政権と似てるよね

異論者に「正面から反論せず」気に食わなければ削除する
そんな人間が平和、人権を語るのか

独善的な人というのは他者への意見に一切耳を貸さないらしい


>ここはそのための場ではありません

便利な言葉だよね
独裁者が「反論は許さない」と言うかのよう


>私の場がそのような意見を広めるために使われることを拒否します

管理人も自覚しているだろう
批判に上がる対象や時代、国家
引用されるメディア
管理人の主張の都合で恣意的に選ばれている

そんなことは子供でも直感で分かるから
純粋に不自然だろって言ってるだけ
そんな不自然な知識で得られた思想に何ができると言うんだろう?


先日千葉県の図書館で司書が扶桑社の歴史教科書を捨てたという事件があったが

日本は「現代の市民社会」なんだろう
ならこの千葉の図書館は「図書館の守秘義務とか学問の自由」を破壊しているわけだ
本を捨てた司書は市民運動家と言われている

投稿: 大櫓 | 2005/12/20 22:04:57

もはやどうでもいい話でしょうけど、このビッグブラザー事件はガセだったようです。
http://www.opinionjournal.com/best/?id=110007733

投稿: 禿 | 2006/06/02 11:35:27

禿さん、この記事の三日後に「たぶん、ガセです」という趣旨の記事を書きました。
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/post_8c41.html

その記事へのコメントと合わせて、私の中では自己完結していたのですが、元記事のここにリンクを張っておかなくては、継続的にこのブログを読んでいる人以外には分からない書き方でしたね。ちょっと反省。

投稿: うに | 2006/06/02 23:03:56

コメントを書く