« ベルリン≠東京 | トップページ | 日の出ずる国 »

2005.05.10

絵本の本棚

久しぶりに“わくわくする”ウェブサイトを見つけました。メリーランド大学の International Children's Digital Library。現在、世界各国の子ども向けの絵本611冊がカラーでスキャンされて収録されています。10,000冊を目標にしているそうです。著作権が有効なものも著作者から許可を得た上で掲載されています。こんなに楽しいサイトがあっていいのかしら…

でもね、すぐ現実に引き戻されてしまったのです。検索で"Japanese"と入れてみたら、日本語の本にまじって、Si Pitong, noong panahon ng mga Hapon というフィリピンの絵本が表示されました。日本の占領下で生きるピトンちゃんという子どもの話です。タガログ語と英語の二か国版でした。日本による占領統治は悪夢のような三年間だったとは書いてありますが、目を覆いたくなるほどの厳しい描写はありませんでした(正直、ほっとしました)。

「じゃ、次はこの国の絵本を見てみよう。わ、きれい。行ってみたいね~」とか言いながら、お父さんやお母さんといっしょにパソコンに向かう子どもたちが他者への尊敬をもち、受容性にあふれた寛容な大人へと育っていきますように。

2005年 5月 10日 午前 12:12 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/4061137

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本の本棚:

» 古典ライブラリー トラックバック 5号館のつぶやき
 ウニさんのサイト「壊れる前に・・・」では、教養のない私にいろんなことを教えていただけるので、いつもコソッとのぞきに行きます。  今日はウニさんがおっしゃるように「わくわくするウェブサイト」を紹介していただきました。メリーランド大学デジタル子供図書館です。  日本の絵本を検索してみると、私でも懐かしいと言うよりは子供の頃にすでに“古い!”と思っていたようなお宝本が並んでします。  良寛さま、オトノエホン、みてはなすえほん、おとぎのくに、金太郎、白鳩のまごころ(紙芝居!)  日... 続きを読む

受信: 2005/05/10 13:27:16

» [本]International Children's Digital Library トラックバック Watermark
http://www.icdlbooks.org/ http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/ 『壊れる前に・・・』で紹介されたいたんだけど、世界の絵本が見れるサイトのようです。絵本というのは子供が最初に触れる本で、自分も母親に寝る前に読んでもらった絵本やお話は幸福な記憶として残っている。 ... 続きを読む

受信: 2005/05/12 0:07:13

» 世界の絵本アーカイブス トラックバック ろうたんの竹林雑談
人文系に強い、ネット上の検索リンクサイト、アリアドネのメーリングリストアリアドネ 続きを読む

受信: 2005/05/22 23:02:37

コメント

コメントを書く