« オラフを謳う | トップページ | 水銀排出規制の効果試算 »

2005.05.03

カメルーンの大学デモで死者

カメルーンの西部、海岸沿いの都市 Buea (地図)の国立 Buea University で4月29日、大学の施設改善と学費値下げを求めてデモを行なっていた学生たちに警察が発砲し、二人が死亡した(死亡者は三名との報道もある)。首都ヤウンデの Yaoundé One 大学でもストが続いており、ストは他の大学にも拡大しつつある。Wikinews の記事で知った。

Paul Biya 大統領は、事件の真相解明を命じるとともに、大学教育への財政支出拡大を約束したが、カメルーンの新聞 The Post のブログサイトにある死者の写真(5月1日付けの記事の中にある)を見ると、残虐さへの憤りを感じざるを得ず、これで事態が収拾に向かうようにはとても思われない。

カメルーンは、決して日本にいる私たちにとって縁遠い国ではない。例えば、来週5月11日にはサッカーの U-20 チームが来日して日本代表と世界ユース選手権壮行試合を行なう予定になっている。

2005年 5月 3日 午前 12:03 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/3955759

この記事へのトラックバック一覧です: カメルーンの大学デモで死者:

» カメルーンBUEA大学デモで死者 トラックバック Diary in Cameroon
一瞬心臓止まりそうなほど驚いた。 カメルーンの国立大学、Buea universityで4月30日、 学生によるデモがあり、警察による発砲で死者が出たらしい。 Two university students shot, killed in Cameroon strikes (by WIKI NEWS) Buea Universityには、カメルーンにあるアイセックの3委員会のうちの 1つがあり、私はカメルーンに到着して最初の1週間は、ここの学生の寮に 泊めてもらっていた。 ... 続きを読む

受信: 2005/05/27 17:06:43

コメント

コメントを書く