« 東ティモールの観光 | トップページ | ブイヤット湾の近況 »

2005.04.02

ハノイ・ジェーン

ベトナムで戦争が激しく戦われていた1972年の夏、ハリウッドの映画俳優ジェーン・フォンダは北ベトナムを訪問し、アメリカのベトナム攻撃を批判した。それによって、Jane Fonda は "Hanoi Jane" と揶揄されるようになる。

MSNBC の記事 "Fonda: 'Hanoi Jane' visit was a mistake" は、彼女が今週出版される自伝の中で、訪問中に北ベトナム軍の対空砲台に乗って写真を撮ったこと(記事にはその写真が掲載されている)は(祖国アメリカへの)“裏切り”であって、悪い判断だったと述べていると報じている。ハノイに赴いたこと自体は合州国政府の嘘を暴き戦争を早く終わらせるために必要だった、ベトナムとイラクは違い、今イラクを訪問しようとは思わない、等々。

ジェーン・フォンダがこのような趣旨の“反省の弁”を述べるのは、実は今回が初めてではない。4年前の BBC の記事でも、同じような発言が取り上げられている。おそらく、今まで同じことを何回も口にせざるを得なかっただろう。一度「売国奴」の汚名を着せられると、人々の非寛容は容赦がないことが察せられる。

たしかに(対戦国の)“軍”に協力的な姿勢を見せることは平和運動家として望ましいあり方ではないとは思う。しかし、映画俳優である彼女が最大限の注目を集めることを可能にする機会がそこにはあった。それを私は責めることはできない。私の国が間違った道に進んだとしたら、私はどんなことをしてそれを糾弾することができるのか。自分の無力さを考えると、彼女の行動は尊敬の眼差しに値するようにさえ思える。

2005年 4月 2日 午後 10:04 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/3536876

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイ・ジェーン:

コメント

脳ミソお花畑なかたですね!ハノイ・ジェーンは売国奴として,国外追放されるべきだったんだ。
ラインバッカ―Ⅰ・Ⅱ作戦がうまくいってたから。それでアメリカは勝利してたはずなのだ。しかし反米売国奴集団がぐちゃぐちゃにしてしまった。
ベトナム戦争にアメリカが勝利してたら今日の中共による南沙の小競り合いなど起こらなかったのだ。
ベトナム戦争時に中共がベトナムの南沙諸島の一部をどさくさ紛れに分捕ったことを知らないのか?

投稿: たか | 2017/05/12 2:45:08

コメントを書く